日焼けマシン業界団体が「新しい安全基準」を策定

2014年01月23日 | コンテンツ番号 4921

日焼けサロンの業界団体である日本セーフティ・タンニング協会は、消費者庁と東京都の注意喚起を受けて、タンニングマシン利用上の新たな安全基準を策定しました。

新基準では、利用できない方の範囲、利用にあたっての注意事項等をわかりやすいものに見直すとともに、機器の照射の強度と利用時間の目安を設定するなど、タンニングマシンをより安全に利用していただけるよう配慮しています。

日本セーフティ・タンニング協会 ホームページ