棚田オーナー体験企画第4弾「味覚ツアー」

2013年05月13日 | コンテンツ番号 4817

棚田オーナin塚須沢第4弾! 味覚ツアー を実施しました !

棚田オーナー体験企画in塚須沢の最後のツアー企画となる”味覚ツアー”が11月13日(土)、横手市大森町で行われました。

当日は、秋田市などから7組のオーナーが参加し、地域の方々と一緒に育てた”塚須沢天水米”のお披露目と試食のほか、平鹿りんごを使ったりんごジュースづくり、クリスマスリースづくりを体験するなど、最後のツアーを楽しみました。

画像:集合写真  

画像:棚田
11/13現在の棚田

午前中は、大森町農産物食品加工体験施設で、加藤農園で収穫した”ふじ”を使い、りんごの水洗い、搾汁、煮沸殺菌、瓶詰めまでの全作業を体験しました。搾汁とともに施設内には甘い香りが充満し、酸味のある甘さの”生搾り”を試飲した後、煮沸されたジュースは甘みが増していました。

画像:りんごを機械に入れる様子  画像:りんごジュースを大きな鍋に入れる様子  画像:りんごジュースを瓶に入れる様子

昼食には、地域の方々と一緒に育てた”塚須沢天水米”を塩をふっただけの”おにぎり”でいただきました。天日干しされたお米は、つややかで光沢があり、普段食べているお米の何倍もおいしいと評判でした。そのほか、県南での冬の味覚”納豆汁”、みんなで植えた”いものこ”を使った”まぜ御飯”、ドレッシングまで手作りの”野菜サラダ”など、お母さんの手料理をごちそうになりました。

画像:並んで食事をとる様子  画像:塩おにぎり  画像:食事の様子

昼食後は、これまでの棚田オーナーの取り組みをまとめた”スライドショー”を鑑賞。春の雪解けまもない棚田の写真から始まり、田植え、稲刈り、はさがけ、脱穀までのお米づくり体験のほか、じゃがいも、いものこの栽培、ランタンづくり、ホタル鑑賞、動物とのふれあい、里山ウォークでの様子が映写され、数え切れないほどのオーナー様の笑顔があふれていました。

画像:スライドショー鑑賞の様子

子供達の笑顔をピックアップして紹介
画像:子供達の笑顔1  画像:子供達の笑顔2  画像:子供達の笑顔3  画像:子供達の笑顔4  画像:子供達の笑顔5  画像:子供達の笑顔6

午後からは、JA秋田ふるさとのドライフラワーハーブの会の指導により”クリスマス・リース”づくりを楽しみました。参加者は、地元の方が採取した花、葉っぱなどの自然素材のほか、リボンなどで飾り付け、色鮮やかで個性豊かなリースを作っていました。塚須沢集落佐藤会長からは”米づくりよりも真剣だな”などと冷やかされながら、参加者は真剣なまなざしで取り組んでいました。

画像:リボンについての説明の様子  画像:頬杖をついて素材を見つめ、案を練っている子供  画像:完成品を持った女性3人組

最後に、お別れ会を開催。地元、大森町GT推進協議会・後藤会長、塚須沢集落・佐藤会長から御礼の言葉があり、来年から本格的に始める棚田オーナーへの参加をお願いし、参加者達も来年の再会を誓っておりました。

特典の塚須沢天水米は、軽トラックに乗せられ会場へ到着。稲刈り時の写真をあしらったラベルに参加者にも笑顔があふれました。今後、販売も考えているようですので、口コミでPRしていただければと思います。(オーナー特典用に作成したラベルは次のとおり)

画像:お別れ会の挨拶 画像:塚須沢天水米 画像:稲刈り時の写真をあしらった特典ラベル

今回の味覚ツアーでおもてなしをしてくれた方々を紹介します。左の写真から、塚須沢集落佐藤会長、大森町グリーン・ツーリズム推進協議会、JA秋田ふるさとドライフラワーハーブの会

画像:塚須沢集落佐藤会長  画像:大森町グリーン・ツーリズム推進協議会の皆さま  画像:JA秋田ふるさとドライフラワーハーブの会の皆様

棚田オーナーツアーは今回で終了しましたが、これをきっかけとして地元では冬のイベントも企画したいと意欲満々ですので、内容が固まり次第、当ホームページでご案内します。

これまでのツアーの様子は次でご覧になることができます!

関連情報

棚田オーナin塚須沢

第4弾味覚ツアー の参加者募集は次のとおり行いました(11/10募集終了)

~棚田オーナーが育てた”天水米”のお披露目と”りんごジュース””クリスマス・リース”づくり体験~
画像:第4弾味覚ツアー リーフレット

横手市の大森町グリーン・ツーリズム推進協議会では、八沢木地区塚須沢の棚田での農作業体験や交流を通じ、地区住民とともに”塚須沢の棚田”を保全していく”サポーター”を募集し、各種体験ツアーを実施しています。(全4回)

第4弾となる”味覚ツアー”を、11月13日(土)に行います。

今回の目玉は、なんと言ってもオーナー自らがおいしいお米づくり体験を行った”天水米”の試食!

沢がに、サンショウウオも生息するなどミネラルたっぷりの清流で育てられた”天水米”は、刈り取りから10日間ほど行った天日干しにより、じっくりと熟成されています。

また、秋感ツアーでもぎとり体験をした平鹿りんごのジュースづくりクリスマス・リースづくり体験も行う予定です。

今年のクリスマスは、”玄関にリースを飾り、りんごジュースで乾杯!”というのはいかがですか? 

毎回好評となっている昼食は、県南ならではの”秋の味覚”がてんこ盛り!

オーナー自ら育てた天水米を使った御飯、県南の冬の味覚”納豆汁”などを用意し、地元お母さんたちがおもてなしをしてくれます。

参加費は、昼食代と天水米3kg、りんごジュース(500cc)2本、クリスマス・リースなどのお土産を含み、1組5千円で、大人3名まで参加可能となっています。

大人1名の場合は、子供4名の計5名までOK。大人2名の場合は、子供2名の計4名までOK。

味覚ツアーの新規募集は、10組となっていますので、申し込み期限の11月10日(水)までお早めに申し込みください。

交流会のご案内

味覚ツアー終了後、棚田ツアーに係わって頂いた地元の方々とツアー参加者との交流会(別途料金必要)を予定しているようですので、こちらへも参加してはいかがですか。(詳しくは申し込み書をご覧ください)

申し込み、お問い合わせは、大森町グリーン・ツーリズム推進協議会まで

  • 〒013-0514
    横手市大森町字大中島268(事務局:横手市大森地域局産業建設課)
  • 電話:0182-26-2116
  • FAX:0182-26-3200
  • E-mail:omori-sangyo@city.yokote.lg.jp
開催日

2010年11月13日 から 11月13日

場所・時間等

横手市大森町塚須沢集落