看護師養成所2年課程(通信制)について

2015年07月31日 | コンテンツ番号 4700

准看護師が、働きながら学べ、看護師国家試験の受験資格を得ることができる「看護師養成所2年課程(通信制)」制度が、平成16年4月1日からはじまりました。

創設の主旨

 国民が望む質の高い医療の提供ができるようにするために、准看護師が看護師資格を得るための教育を受けることを推進し、業務に従事している准看護師が勤務を続けながら看護師国家試験受験資格が得られるように、教育の拡大を図ることを目的に創設されました。

※ 秋田県には現在通信制の課程を有する学校・養成所はありません。

入学(入所)資格

免許を得た後10年以上業務に従事している准看護師

修業年限

2年以上

教育内容と方法

 現行の2年課程と同等のものとする。

分野 修得単位 学習方法
教育内容と方法

基礎分野

 

7単位

印刷教材等での通信学習及び面接授業

専門基礎分野

 

14単位

専門分野

臨地実習以外の授業

28単位

紙上事例演習、病院見学実習及び面接

臨地実習(7分野)

16単位

合計

 

65単位

(2,180時間以上)

 

 放送大学などで取得した単位も取得単位の2分の1を超えない範囲で認められます。

取得資格

 看護師国家試験受験資格

看護師2年課程通信制(短大含む)学校・養成所については、日本看護協会ホームページで確認できます。

各学校・養成所により教育計画、納付金等については若干の違いがあります。

 詳しくは各学校・養成所へお問い合わせください。