三種町上岩川地域の伝統行事「ねぶ流し」~【農業・農村を元気にし隊】も活躍!

2014年09月29日 | コンテンツ番号 4667

トップ画像:燃え盛る炎

平成22年8月6日(金)、三種町上岩川地域で、地域の伝統行事「ねぶ流し」が行われました。

「ねぶ流し」は、上岩川地域に江戸時代末期ごろから伝わる、「ケガジ(ケカツ・飢渇)を流し、豊作を祈る」行事です。
一昨年までは、地域でひっそりと行われてきた行事ですが、昨年度に県の「農山村活力向上モデル事業」の実施地区となり、秋田県立大学の学生たちと「ねぶの作成」から「ねぶ流し」の本番まで一緒に行い、昨年はこれまでにない約300人という大勢の方が訪れました。

そして、今年は県立大学のサークル「農業・農村を元気にし隊」の皆さん(あきた元気ムラ応援団)が「ねぶの作成」から本番の歌や太鼓の演奏も地域の方々と一緒に行いました。
また、この日は1年生約60人が地元の方を講師に地域の文化を学び理解を深め、締めくくりに夏の世の幻想絵巻を地域の方々と一緒に体験していました。

また、上岩川地域おこし協議会・房住里の会(会長:加藤昌晴)が今年も協力し、民謡やフラダンスで「ねぶ流し」前の会場を盛り上げるとともに、女性部会の皆さんが、 「椎茸うどん」や「みそたんぽ」など自慢の手作り料理を振るまい、訪れた皆さんに上岩川の“食”を堪能していただきました。

本番前の「ねぶ流し」会場の様子

画像:三種川
「ねぶ」が流れる三種川
画像:3体の「ねぶ」
学生がつくった1体を含む3体の「ねぶ」
画像:「椎茸うどん」の屋台
上岩川特産の「椎茸うどん」の屋台も
画像:子供たち
子供たちにも大人気!
画像:学生たち1 画像:学生たち2
夕ご飯を食べ終えた学生たちも集まってきました
画像:おばあちゃんたち1 画像:おばあちゃんたち2
なんと、遠路はるばる隣の下岩川地域から、おばあちゃんたちが!
自分たちの地域ではなくなってしまった伝統行事を見に来たとのこと。
「椎茸うどん」や「焼き鳥」を食べてイベントや「ねぶ流し」を見学されていきました。

民謡、フラダンスショー

今年は、地元の方も訪れた方も楽しめるよう、民謡とフラダンスショーが行われました。
ちなみに、フラダンスを踊る皆さんは、ほとんどが地元の方。普段見慣れている姿とは違う一面を見ることが出来て、とっても新鮮でした。本当に皆さん上手でした!

画像:フラダンスショーの様子1 画像:フラダンスショーの様子2 画像:フラダンスショーの様子3 画像:フラダンスショーの様子4 画像:フラダンスショーの様子5 画像:フラダンスショーの様子6
最後は地元の方、学生たちも一緒にフラダンスを踊りました

「ねぶ流し」準備

画像:ホースで水をまく様子
火の粉が降り注ぐため事前に水を撒きます
画像:川に入る学生5人
レクチャーを受ける川に入る学生5人
画像:太鼓を張る様子1 画像:太鼓を張る様子2
地元の方から教えていただき、太鼓を張っていきます
画像:橋の上に太鼓を置く
橋の上に太鼓をセット
画像:三種川に筏を降ろす様子
三種川に「ねぶ」が載る筏を降ろします

いよいよ「ねぶ流し」が始まります

画像:町長の挨拶の様子
来賓:三浦町長の挨拶
画像:中央自治会・工藤会長の挨拶
中央自治会・工藤会長の挨拶
画像:「農業・農村を元気にし隊」のメンバー
「農業・農村を元気にし隊」のメンバー
画像:川に入る地元の方々
川に入る地元の方々
画像:橋の上で太鼓を演奏する様子
橋の上の太鼓が鳴り「ねぶ流し」が始まります
画像:最初のねぶを筏に乗せるようす
最初の1体を筏の上に載せます
画像:ねぶに火をつける様子1 画像:ねぶに火をつける様子2
橋から50m程上流に「ねぶ」を移動して火を点けます
画像:大きくなっていく炎1 画像:大きくなっていく炎2
徐々に火が回り、「ねぶ」が大きな炎そのものになります
画像:建物の4階ほどはありそうな火柱 画像:盛大な炎1 画像:盛大な炎2
盛大な炎に圧倒されます

2体目・3体目

画像:2体目に着火する様子 画像:まばゆい火柱 画像:川岸から炎を眺める人たち 画像:川の中の、ねぶの近くの人
燃え盛る「ねぶ」の近くは非常に暑く、顔や頭に水をかけ、身体を川に浸けながら「ねぶ」を流していきます
画像:歌う女性メンバー
笛に合わせて「ねぶねぶながれー」と「農業・農村を元気にし隊」の女性メンバーが歌を歌います。
画像:燃える3体目
3体目
画像:火の粉を上げる巨大な火柱 画像:大量の火の粉1 画像:大量の火の粉2
「ねぶ」から火の粉が大きく舞い上がり、橋の上の観客に降り注ぎます。
昨年と同じく、橋の上で見ていたおばあちゃんたちは、その灰を手のひらで受け、清めのように肩や頭、そして身体に運びます。ケガジ(飢渇)を流し、豊作を祈る・・・地元に伝わる厄よけの意味を目の当たりにすることができました。

行事が終わって

画像:川から上がってくる人たち1 画像:川から上がってくる人たち2 画像:農業・農村を元気にし隊 の皆さん 記念写真
「農業・農村を元気にし隊」の皆さん。無事やりきって、いい笑顔です!

今年も、上岩川の伝統行事「ねぶ流し」が、若い学生たちとの協働作業によって多くの地域外の人たちの目にふれました。
今年は太鼓や歌も「農業・農村を元気にし隊」の学生たちが担当して、より深く伝統行事に関わることができました。これまで地域に入って、援農活動や交流を積み重ねてきて、ここまで参加することができたのでしょう。

小さな子供からお年寄りまで、地域の方々をはじめ、隣の地域や遠方からも訪れるようになった「ねぶ流し」。一昨年まで見る人が10数人程度だったとはとても思えません。

上岩川地域の方々の伝統を守りたい、「思い」や「誇り」を次世代に受け継いでいきたい、その思いが素朴な伝統行事をここまで注目されるような行事に変えたのかも知れません。ただし、行事の中身は何一つ変わることなく素朴なままです。これはそのまま受け継がれていくことでしょうし、受け継がれていって欲しいと思います。

来年の「ねぶ流し」がもう楽しみです。