政府調達に関する苦情の受付及び処理の状況

2015年11月04日 | コンテンツ番号 4646

政府調達に関する苦情の受付及び処理の状況は、次のとおりです。

苦情番号

 平成27年第1号

苦情申立日

 平成27年8月4日

苦情申立人

  •  東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号
  •  ベルヘリコプター株式会社
  •  代表取締役社長 リチャード・ソーンリー

苦情に係る関係調達機関名

 秋田県(総務部総合防災課)

苦情に係る調達物品等

 ヘリコプター(消防防災仕様一式)

苦情の概要

 入札公告(平成27年6月16日付け秋田県公報第2697号)に基づき4の関係調達機関が行った調達物品等に係る一般競争入札について、次のとおり「政府調達に関する協定を改正する議定書」(2012年3月30日採択、我が国については2014年4月16日発効)に違反していることから、仕様書の見直し及び新たな調達手続の実施を求める。

  1. 仕様書中、現有機用と共通の特殊工具について、その納入を省略することができるとする条件は、コスト負担という点において、現有機又はその後継機を入札する応札者に有利に働くものであり、現有機を供給していない新規参入者の応札を困難にするものであること。
  2. 仕様書中、航空従事者の訓練は本機納入時までに受注者の責任において完了するとの条件についても、現有機を納入する応札者を優遇するものであり、新規参入者の参入を事実上困難にしていること。
  3. 平成27年7月16日にグラスコックピットに関する新たな仕様が追加されたが、わずか1、2週間程度でそのような仕様変更に対応して入札書類を準備することは非常に困難であること。

苦情処理状況の概要

 秋田県政府調達苦情検討委員会は、政府調達に関する苦情の処理手続(平成26年秋田県告示第214号)に基づき検討を行い、平成27年10月29日に報告書を作成し、苦情申立人及び関係調達機関に送付した。