「子どもの国づくり」推進協定に参加しませんか!

2017年11月07日 | コンテンツ番号 4617

~秋田を子どもの笑顔でいっぱいに
「子どもの国づくり推進協定」に参加しませんか!

んだッチと赤ちゃん

「子どもの国づくり推進協定」の締結は、少子化対策の第一歩です。
少子化に関心がある、すでに対策に取り組んでいる、またはこれから取り組もうとしている団体・企業の皆さま!
ベビーウェーブ・アクションと協定を結び、その取り組みをアピールしませんか!

(協定書例)
協定書見本

11月7日現在、3,854の企業、団体が協定に参加しています

「子どもの国づくり推進協定」とは

少子化対策に取り組む企業・団体と、ベビーウェーブ・アクションとの間で結ぶ協定です。

(※ベビーウェーブ・アクション・・・正式名称「脱少子化ウェーブを巻き起こす行動県民会議」。行政、経済、市民活動団体など各界の代表やマスコミ等で構成する少子化克服に向けた県民運動の母体で、会長は秋田県知事です。) 

  • この協定により、何か特別な義務を負うことはありません。
  • 協定書を掲げることで、皆さんが秋田の未来を真剣に考え、少子化対策に取り組んでいること、地域貢献をしていることをアピールできます。また、そのアピールが、周りに影響を与え、脱少子化の運動が広がることを期待するものです。
  • 締結団体や取組の内容は県のウェブサイトや広報誌に掲載し、情報提供します。

詳細は、ダウンロード「(PR)子どもの国づくり推進協定について」以下を参照してください。

申込み方法

「取組の想定例」の中から、あてはまる番号や取組の内容を「協定申出書」に記載し、FAX、郵送、メール等で次世代・女性活躍支援課まで申込みください。

内容を事務局で確認の上、協定書をお送りします。

協定参加企業・団体について

少子化対策総合ウェブサイト「ベビーウェーブ・アクション」で協定締結企業・団体の検索をすることができます。

協定締結企業・団体の検索についてはこちら