ライターによる火遊びに注意

2012年04月02日 | コンテンツ番号 4597

 子どもの火遊びや取扱い方を誤ったことによるライター火災が発生しています。
 消費者庁と消防庁が行った全国調査によると、子どもの火遊びによる火災のうち、ライター起因であるものが半数以上にのぼっており、死亡や重症事故も複数発生しております。
 事故の発生防止のため、幼児のいる家庭では次のような点にご注意ください。

  1. 子供の手の届くところにライターを置かない。
  2. 子供にライターを触らせない。
  3. 子供がライターで火遊びをしているのを見かけたら、すぐに注意してやめさせる。
  4. 理解できる年齢になったら、子供に火の怖さを教える。