肥料取締法に基づく届出について

2011年06月24日 | コンテンツ番号 4471

 新たに特殊肥料を生産又は輸入する場合や、肥料の販売を行う場合には、肥料取締法に基づき、県知事への届出が必要になります。
 なお、届出の有効期間はありませんので、内容が変更しない限り有効です。
 下記の関連情報をご確認下さい。

 また、普通肥料、指定配合肥料を生産する場合は、農林水産大臣又は県知事への届出が必要になります。手続き方法については、県より随時ご説明いたします。

 詳しくは、秋田県農林水産部水田総合利用課、最寄りの地域振興局農林部農業振興普及課へご相談ください。