「眠れてますか?キャンペーン」のお知らせ

2014年03月31日 | コンテンツ番号 4274

秋田県では、うつの早期発見・早期受診を目的とした「眠れてますか?キャンペーン」に取り組んでいます。

よく眠れてますか?

【こんなことはありませんか?】

  • 疲れているのに2週間以上眠れない
  • 食欲がなく体重が減っている
  • だるくて意欲がわかない

イラスト 眠れない男性

右矢印もしかしたら、その不眠は「うつ」かも・・・

  • 「うつ」になると、眠れない日が毎日続き、全身がだるくて、食欲もなくなるなど、体調がどんどん悪くなります。
  • 生きていくうえで大事なはたらきが落ちていくので、気力や頑張りで「うつ」を克服するのは困難です。

不眠が続くときは、かかりつけ医や専門医を受診してください。

~ 不眠でお悩みの方は ~

秋田県医師会では、「かかりつけ医(協力医)」と「精神科医(登録医)」の連携制度を作っています。
かかりつけ医(協力医)は、患者さんについて相談したい症例や事情がある場合は、いつでも精神科医(登録医)のサポートを受けながら診断・治療を行います。
まずは、お近くのかかりつけ医にご相談ください。

(社)秋田県医師会「うつ病予防協力医・治療登録医」のご案内

各地の保健所などでも、心の健康相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。

心の健康相談窓口 電話番号
心の健康相談窓口
大館保健所 0186-52-3955
北秋田保健所 0186-62-1165
能代保健所 0185-52-4331
秋田中央保健所 018-855-5170
秋田市保健所 018-883-1180
由利本荘保健所 0184-22-4120
大仙保健所 0187-63-3403
横手保健所 0182-32-4005
湯沢保健所 0183-73-6155
県精神保健福祉センター(こころの電話) 018-831-3939
市町村(各市町村保健担当課にお問い合わせください)  

また、県内には、さまざまな困りごとや心配ごとを相談できる、各分野の相談窓口があります。

「ふきのとうホットライン」相談窓口一覧はこちら
イラスト ふきのとうマーク

ご家族のみなさん【家庭でご家族にこんな変化はありませんか?】

  • 「だるい」と言うことが増え、食欲がなくなった
  • 眠れないようで、夜中にたびたび目をさます
  • 新聞やテレビに関心がなくなった

職場のみなさん【まわりにこんな方はいませんか?】

普通に働いていた方が

  • 集中力が続かず、仕事の能率が落ちた
  • 表情が暗く、ぼーっとするようになった
  • 必要以上に自分を責めるようになった

そんなときは・・・「眠れてますか?」と声をかけてみてください。
イラスト 声をかける女性

「うつ」は自分では気づきにくいものです。ご家族や会社の方など身近な方が、一緒に受診したり、相談機関を訪ねることが大切です。
ご本人がためらうようであれば、まずは、ご家族や会社の方だけでも相談に行ってみてください。

国でも、平成22年3月から「睡眠キャンペーン」をスタートし、普及啓発活動を行っています。

内閣府「睡眠キャンペーン」サイトはこちら