「新行財政改革大綱(平成22年度~平成25年度)について」

2015年08月14日 | コンテンツ番号 4235

県では、行財政改革を県政の重要課題と位置づけ、平成11年度以降、組織のスリム化や財政の健全化、民間との協働の推進など多くの改革に取り組んできました。

現行の「新行財政改革大綱」(実施期間:平成22年度~25年度)では、これまでの行財政改革の取組を継承しつつ、行政コストを削減する「量の改革」と行政サービス向上により県民の満足度を高める「質の改革」を目指して、「市町村・民間との協働や連携」「職員の意識改革とサービス向上」「県組織の見直しによる業務執行体制の整備」「選択と集中による財政運営の推進」の4つのテーマの下に取組を進めてきました。

改革の着実な推進を図るために、毎年度、実施計画を策定し、当該年度の実施項目や取組目標を明らかにするとともに、この実施計画に基づいて、各項目毎に設定した数値目標の達成に全力を挙げ、大綱の着実な推進に努めてきました。

※新行財政改革大綱については、ダウンロードファイルを御覧ください。

ダウンロード