一ノ目潟のクリーンナップと隧道改修工事現場の見学会を開催!

2014年07月17日 | コンテンツ番号 3983

一ノ目潟でクリーンナップを開催!

9月4日(金)の早朝から、男鹿市の一ノ目潟で、一ノ目潟を農業用水源として活用している土地改良区関係者、農業者、また、一ノ目潟に関連する施設改修工事に携わる工事関係者、市、県をはじめとした行政関係者、総勢約30名が参加してのクリーンナップが開催されました。
当日はあいにくの雨模様でしたが、霞がかった一ノ目潟も幻想的なものでした。

写真:クリーンナップの様子1写真:クリーンナップの様子2

県営ため池等整備事業の工事現場を見学!

クリーンナップ後には、平成17年度に事業採択となった県営ため池等整備事業「一ノ目潟2期」地区の一ノ目潟への導水路となる隧道の工事現場を見学し、農業土木技術の進歩を認識するとともに、完成後の満々と水を貯える潟の姿を思い浮かべながら、参加者は工事関係者の説明に耳を傾けてました。
また、男鹿市北浦一ノ目潟土地改良区の戸嶋理事長からは、先人の農業用水確保の努力の歴史が披露され、このような過去の歴史があったからこそ今日があることを強調されてました。
本地区の工事は平成24年度まで実施されますが、事業実施を担当する秋田地域振興局農林部農村整備課では、後世に遺る農業土木技術の継承と地元の方々が満足していただける施設改修を行ってまいります。
今後も関係者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

写真:クリーンナップの様子3写真:クリーンナップの様子4