萬古清風体験農園で収穫・食味体験が行われました(H21.8.2)

2011年05月24日 | コンテンツ番号 3941

農地・水・環境保全向上対策が契機となって行われているイベント 「萬古清風の里」収穫・食味体験交流会”が湯沢市にて8月2日(日)に開催されました。
主催は萬古清風地域資源保全隊で、今年で4回目の開催となります。

地域住民・非農家との交流、農村・農業の魅力を発信する目的で行われていますが、地域内外からの参加者が年々増えており、夏休みの恒例イベントとして定着しています。

写真:収穫・食味体験の様子1

写真:収穫・食味体験の様子2

体験農園でのトウモロコシの収穫・食味体験のほか、今回は「豊かなむらづくり東北農政局長賞」の受賞記念企画として、地域の農産物等の抽選会も行われました。

写真:収穫・食味体験の様子3

写真:収穫・食味体験の様子4

参加者はスタッフも含め約400名で、非農家世帯からも多くの家族の参加がありました。

参加者の声

  • こども…初めてトウモロコシを収穫しましたが、楽しくておいしかったです。
  • 20代母親…子供たちには貴重な体験になりました。
  • 30代男性…この地域の農産物を購入したいと思いました。
  • 40代女性…毎年楽しみにしています。無料というのがすごいと思います。
  • 50代男性…イベントを企画するのが大変でしょう。
  • 60代女性…孫と一緒に参加しました。楽しく交流できました。
  • スタッフ…来年の構想が膨らみます。農村の魅力を発信でき、自信につながりました。参加者の笑顔がうれしかったです。感動しました。

写真:収穫・食味体験の様子5

写真:収穫・食味体験の様子6

収穫・食味体験を通じて、子供達や非農家の方々にも、食・農の大切さを理解するきっかけになったのではないでしょうか。

写真:収穫・食味体験の様子7