ノーリツ社製の「ガスふろ給湯器」について

2014年01月24日 | コンテンツ番号 3587

株式会社ノーリツが製造した屋内設置型強制給排気式「ガス風呂給湯器」において、まれに排気通路部に穴あきが発生し、排気の一部が室内に流失する可能性のあることが判明しました。

現時点で人的被害は出ていませんが、放置すると一酸化炭素が発生する恐れが有るということです。

販売事業者である株式会社ノーリツは、対象製品の排気通路部の部品を無償交換することとしました。部品交換には今しばらく時間がかかりますので、部品交換が完了するまでは、機器本体から排気漏れや異臭がないかを確認いただき、異常のある場合には、機器の使用を停止して頂きますようお願いします。

対象とする製品は、ノーリツブランドの製品とノーリツが供給し、北海道ガス、日立化成工業(日立ハウステックが事業継承)の両ブランドで販売したものとなります。

会社名 型式名 製造販売期間
対象製品

(株)ノーリツ

GT-165W-FFA

1993年2月~1996年10月

GT-165AW-FFA

1993年2月~1996年10月

GT-165AWX-FFA

1993年2月~1996年10月

北海道ガス(株)

KNR-671FF

1994年5月~1997年11月

(株)日立ハウステック※

WZ-162AT-FF

1993年6月~1996年10月

※当時の販売元は日立化成工業(株)です。

事業者の対応

当該機種を設置されているお客さまへは無償点検・改修を実施します。

お問い合わせ窓口

株式会社ノーリツ

株式会社日立ハウステック

  • 電話番号 0120-551-654

受付時間

  • 3月6日~15日 9時~19時(土・日も同じ)
  • 3月16日~ 9時~17時30分(平日のみ)