【県立図書館】ふるさと考古学セミナー「世界遺産・平泉の景観を創出した源泉を求めて」

2018年06月28日 | コンテンツ番号 35418

県立図書館では、特別展示「米代川流域の古代社会~集落・生業・墓と祭祀~」に関連して、ふるさと考古学セミナー「世界遺産・平泉の景観を創出した源泉を求めて」を開催します。

講演・展示解説の講師は、県埋蔵文化財センターの髙橋 学所長です。

 

世界遺産・平泉の柳之御所遺跡の景観形成は、初代藤原清衡の母が清原氏と再婚し、出羽国内に移住したことを契機としています。本セミナーでは、米代川流域の古代集落と出羽国内の城柵との関わりについて説明します。

 

1 期 日  平成30年7月21日(土) 13:00~15:30

2 会 場  県立図書館 3階 多目的ホール(講演) 

                                               2階 特別展示室(展示見学)

3    定 員  50名(県立図書館への事前申し込みが必要です)

4 入場料  無料

5 その他  [申込み方法] 電話、FAX、メール

       [申込先]県立図書館

             TEL  018-866-8400

                                               FAX  010-866-6200

                                               E-mail   apl@apl.pref.akita.jp

 

 参加申込書[40KB]