秋田県発注工事のモデル工事が2年目を迎えます

2018年06月15日 | コンテンツ番号 35214

 建設業は、地域経済・雇用を支える基幹産業のひとつであるとともに、社会資本整備はもとより、災害や除雪への対応等を通じて、県民の安全・安心の確保に重要な役割を果たしております。しかしながら、秋田県が抱える人口減少問題と相まって、建設労働者の高齢化と新規入職者の減少による次世代の担い手不足が顕在化・深刻化し、本県建設業は将来の存続が危惧されております。

 そのため、秋田県建設部では建設業における担い手確保・育成のための取組の一環として、平成29年度から各モデル工事を実施しており、本年度で2年目を迎えます。

  ・完全週休二日制モデル工事

  ・女性技術者登用モデル工事

  ・ICT活用モデル工事

 秋田県発注モデル工事.pdf