パチンコ攻略法に注意!!

2012年04月02日 | コンテンツ番号 3511

 パチンコ専門誌やインターネットに記載されている「五回転以内で必ず大当たり」「月収100万円も夢ではない」「主婦でも大丈夫、パチンコで副収入」などの派手な文言に踊らされ、情報料を振り込んだが、まったく当たらない。

 このようなパチンコ攻略法に関する相談が相次い生活センターに寄せられています。

「大当たり強制打法」は詐欺

 パチンコの攻略法に関する詐欺は、20年以上も前から存在している古い詐欺の手口です。「攻略法を教えます」と専門誌やインターネットに広告を出して、問い合わせてきた客にお金を振り込ませて、攻略情報(ウソ情報)を教えます。
 その方法は「CRスーパー○○○という機種では、まず××予告が出るまで打ち、その予告中にボタンを○回押すだけで、大当たりが強制的に発生します」などとウソの大当たり強制打法を教えています。
 もちろんのことですが、こんな攻略法は存在しません。まったくのウソです。そのような攻略法が存在すれば、パチンコ店もパチンコメーカーも倒産してしまいます。

「情報料の多額搾取」の相談が増加

 このような攻略情報にお金を払っても、まったく効果はありません。それを伝えるために業者に電話すると、「おかしいですね、それでは○○さんには別のコースを教えます。」などと言って、別の技法が示され、新たな情報料としてお金の請求があります。
 後日、それでも効果がないと告げると業者はまた次の技法を提示して、さらに高額な情報料を請求します。このような事が繰り返され、段階的に情報料は釣り上げられていきますが、元手を回収したいという心理が働いて信じ込んでしまうというケースが目立ちます。
 県生活センターに寄せられた相談は、昨年4月から12月までで28件。送金額は30万円から200万円となっています。

 業者が会社組織であれば、支払った料金はほぼ回収できます。できるだけ早く生活センターにご相談下さい。