特別展 あきた大鉄道展 HEー30系

2018年06月22日 | コンテンツ番号 34913

観覧者の心に響く鉄路の響き
 
平成30年度に開催する大鉄道展。だから「HEー30系」。明治時代の鉄道開業から今日に至るまでの近現代鉄道史、とりわけ昭和36年(1961)以降のダイヤ改正に着目します。秋田にどのような列車が登場し、消えていったのか?数々の展示品は「鉄道と観覧者の人生の共鳴と感動」を呼び起こします。

秋田県立博物館とJR東日本秋田支社の共同開催による空前の規模
 
県立博物館とJR東日本秋田支社が総力を結集し、しかも県立博物館と県立美術館県民ギャラリーの2会場での展示。空前の規模を誇る展示があなたをお待ちしています。

2会場に入ることができ、しかもお財布に優しいお手頃価格
 
大人800円/高校生・大学生500円/小学生・中学生200円/幼児・就学前児童 無料
※2会場への入館は、同一日でなくても構いません。皆様の御来館をお待ちしております。

第1会場:秋田県立博物館
会期:7月14日(土)~8月26日(日)

第2会場:秋田県立美術館県民ギャラリー
会期:8月3日(金)~8月26日(日)

主催:あきた大鉄道展HEー30系実行委員会(県立博物館・JR東日本秋田支社)