株式会社INAXが製造した温水洗浄便座について

2014年01月24日 | コンテンツ番号 3479

事故の概要及び再発防止策について

株式会社INAXが製造した温水洗浄便座で、温水洗浄用水ポンプから水が漏れ、モーター部が錆びたため、モーターが固着し、洗浄機能使用時に基板部に過電流が流れるようになった際に、当該製品には温水洗浄用ポンプに過電流に対する保護装置(電流ヒューズ)が取り付けられていなかったために、発熱し、発煙に至った重大事故が1件発生しました。

このため、同社では同様の事故が発生するおそれがあることから、対象製品の無償点検、無償修理を実施することとしました。

対象機種

温水洗浄便座DV-200型(INAX)
品番 製造番号
  • DV-218
  • 217
  • 216
  • 215
  • 218H
  • 217H
  • 216H
  • 215H

K4001001~K4085-83

  • 対象台数:81,724台
  • 製造期間:平成16年(2004年)3月3日~平成17年(2005年)6月2日

事業者の対応

対象製品の無償点検・無償修理を行います。

消費者への注意喚起

上記対象製品を使用している方は、電源プラグをコンセントから抜いて、下記問い合わせ先に速やかにご連絡ください。

問い合わせ先

○株式会社INAX

  • 電話番号:0120-1794-59
  • 受付時間:平日9:00~19:00土日、祝日10:00~18:00(年末年始を除く)
  • ホームページ:LIXIL INAX

参考

dv-200

製品本体の側面にシールで品番と製造番号が表示されています。品番「DV-21*」と製造番号K4******をご確認お願いします。品番・製造番号が両方とも該当する製品が対象となります。