秋田県内指定自動車学校初となる「秋田ドローンスクール」の開校式が開催されました

2018年05月28日 | コンテンツ番号 34556

 平成30年5月19日(土)、横手市平鹿町で秋田県内指定自動車学校初となる「秋田ドローンスクール」の開校式が開催されました。
(センターは、この開校式の広報等で協力しております。)

 このドローンスクールを運営する株式会社平鹿自動車学校は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA:ジュイダ)と全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)に加盟しており、県内初の自動車学校による無人航空機(ドローン:UAV/Unmanned Aerial Vehicle)の操縦士と安全運航管理者の養成スクールを7月に開校します。

 開校式では、佐藤社長より「ドローンは新しい交通システム並びに生活インフラとして注目を浴びて、防災・測量・点検・農薬散布・空撮などで市場を拡大している。一方で、法整備や安全教育が遅れており、危険性や問題点が指摘されている。そこで、「陸」の安全教育を長い間培ってきた自動車学校としてのノウハウを生かし「空」の安全教育に取り組むべくドローンスクールを開校し、多くの方にドローンの持つ将来性と利便性を身近に感じてほしい」との挨拶がありました。
 来賓各位からも地域産業・担い手不足への貢献など期待が寄せられており、自治体も積極的にサポートしていくとの説明もありました。

 同社では、「開校に先駆けて無料説明会(体験会)を開催する」としていますので、ぜひ、お問い合わせください。

【開校式の様子】
 [106KB]  [109KB]

【佐藤社長操縦によるデモ飛行の様子】
 [89KB]