秋田県ゴルフ場の農薬による水質汚濁防止対策実施要綱について

2017年03月28日 | コンテンツ番号 3453

 県では、ゴルフ場における農薬の適正な使用及び適切な水質管理を行うことにより、地域住民の健康の保護と良好な環境の保全を図ることを目的として、「秋田県ゴルフ場の農薬による水質汚濁防止対策実施要綱」を定めています
 「ゴルフ場で使用される農薬による水質汚濁の防止及び水産動植物被害の防止に係る指導指針(平成29年3月9日付け環水大土発第1703091号環境省水・大気環境局長通知)」が新たに制定されたことに伴い、平成29年3月に要綱を一部改正しました。
 これまでの水濁指針値に加え、生態系保全の観点からの指針値「水産指針値」が設定されています。詳しくは「ゴルフ場で使用される農薬による水質汚濁の防止及び水産動植物被害の防止に係る指導指針について」をご覧ください。

 秋田県内において9ホール以上のゴルフ施設を有する事業者に対して、要綱に基づき「自主検査」の報告を求める等の協力を要請しています。