東北自然歩道の紹介(コース43~49)

2018年05月07日 | コンテンツ番号 33947

〇コースの使い方  ジョギング
〇おすすめ区間   浜浅内海岸~ロケット実験場~港湾道路~風の松
          原~いこいの広場~能代公園
〇距離       5.3㎞
〇所要時間     1時間
〇コース設備    公衆トイレ(風の松原・いこいの広場・能代公
                園)
          駐車場(風の松原・能代公園)
          休憩所(風の松原・いこいの広場・能代公園)
〇コメント
 ジョギングコースに最適。前半(2.1㎞)は海岸沿いの一直線コースで、立ち並ぶ風車が道標替わりになる。後半(2.3㎞)は日本最大級の黒松林である「風の松原」のなかを走り、風のざわめきや香りを感じることにより、心身のリフレッシュとなる。
 能代公園を休憩地にした往復コースがおすすめ。
〇見所スポット
【風の松原】
 日本海に沿い延長14㎞、面積760haにわたり黒松が700万本植林された防砂林で、飛砂の被害から能代の街や農地を守るために、江戸時代から造成が続けられた歴史がある。日本五大松原の一つになっており、市民の憩いの場となっている。
 [350KB]

【能代公園】
 松の植林に尽力した賀藤景林を祀る景林神社がある。高台からは市街地や米代川が一望でき、桜とつつじの名所でもある。

 [265KB]

ダウンロード