秋田の元気発信国際交流事業費補助金の補助対象事業の公募について

2018年04月12日 | コンテンツ番号 33238

 県では、県内の民間団体等による国際交流事業を支援することにより、海外において秋田の元気を発信するとともに、県民の自発的な国際交流の促進を図り、もって本県とロシア沿海地方との交流強化に資することを目的として、本補助金の補助対象事業を公募します。
 詳細は「補助金の公募について」及び「補助金実施要領」をご確認ください。

 応募申請書類の提出期限:平成30年5月14日(月)17時必着

 審査会の開催予定日:平成30年5月17日(木)

補助金の詳細


 応募のあった事業の中から、審査会による審査を経て、採択事業を決定します。採択は予算の範囲内で、2件程度を予定しています。

1 応募資格者
  次の条件を全て満たす団体が応募できます。
  一 営利を目的としない民間団体であること
  二 活動の本拠としての事務所が秋田県内に所在すること
  三 団体の代表者が明らかであり、組織としての意思決定や活動する体制が確立していること
  四 団体自らが経理し、監査することのできる会計組織を有すること
  五 活動実績等から見て、事業を確実に遂行することができると認められること

2 対象事業
  次の要件を満たす事業が対象です。
  一 上記の冒頭文で述べているような目的を達成できる国際交流事業を実施すること
  二 海外において秋田の元気や魅力を発信すること
  三 今後の本県と海外との交流の広がりや、継続性が見込まれること
  四 ロシア連邦沿海地方において事業を実施すること

  ※公的補助金等の対象となっている事業は、本補助金の対象外です

3 補助金の額等
  補助対象経費の2分の1以内で、1つの事業に対して50万円を限度として、予算の範囲内で交付します。

補助対象経費一覧

応募申請書類様式

 ※これらの様式以外にも提出を要する書類がありますのでご留意ください。

実績報告様式

 事業の経費等の支払いが完了してから10日以内に、実績報告書一式を提出いただきます。
 なお、補助金の支払いは、原則として、実績報告書の内容を県で確認してから、入金されることになります。

 ※これらの様式以外にも、経費の支払いが確認できる書類(領収書など)の写しや、事業の実施状況がわかるレポートの提出が必要です。