「中小企業・小規模企業者の元気をつくる秋田県の指針」について

2018年03月30日 | コンテンツ番号 32952

 県では、平成26年3月に制定された「秋田県中小企業振興条例」に基づき、中小企業の振興を県政の重要課題と位置付け、中小企業自らの努力を前提に、県民、関係団体、金融機関、大企業者、大学・研究機関、行政等がオール秋田で意欲の高い中小企業を支えていくことを宣言しています。

 この度、平成30年度からの中小企業の振興に関する県の施策の方向性について、第2期となる「中小企業・小規模企業者の元気をつくる秋田県の指針」(略称:あきたの企業元気づくり指針)を策定しました。

 本指針に基づき、「小規模企業者の振興」や「働き方改革・女性の活躍」、「第4次産業革命」等への対応を強化していくほか、一般の県民を含め、条例の普及啓発を一層図っていきます。

「中小企業・小規模企業者の元気をつくる秋田県の指針」 [1330KB]

「中小企業・小規模企業者の元気をつくる秋田県の指針」の概要について [190KB]