秋田県庁産業経済労働部だより(第45号)

2008年08月29日 | コンテンツ番号 3283

秋田県庁産業経済労働部だより(第45号)

イラスト:すぎっち

平成20年8月29日発行

写真:秋田美人 写真:新幹線 写真:田 写真:温泉 写真:雪

目次

トピック・とぴっく

「元気な観光秋田キャンペーン・コピー」決定!

「秋に染まる。秋田に染まる。」
「秋に染まる。秋田に染まる。」
「秋に染まる。秋田に染まる。」

ポスター:秋に染まる、秋田に染まる

 県では、岩手・宮城内陸地震の緊急対策事業として紅葉の時期に焦点を合わせた観光キャンペーンを首都圏で実施いたします。
 キャンペーン・コピーは「秋に染まる。秋田に染まる。」
 このコピーは、県内外から応募いただいた159作品の中から、8月7日に開催した審査委員会において採用が決定されたもので、同じ趣旨だった秋田市の伊東富美子さんと北秋田市の藤嶋秀美さんの作品を組み合わせて1つの作品としております。
 このコピーを用いた首都圏キャンペーン用ポスターを、9月上旬から、東京都、埼玉県、神奈川県の主要12駅に掲示します。また、京急線で8月29日から8月31日まで、京浜東北線では9月13日から15日まで、それぞれ3日間、中吊り広告を展開し、本県の紅葉シーズンを首都圏でPRいたします。

秋田-ソウル国際定期便就航7周年記念するイベント「コリアWEEK」が開催されました

 2008年は日韓観光交流年です。秋田と世界を結ぶ唯一の国際定期便、秋田ソウル国際定期便も、今年で就航7周年を迎えます。
 秋田-ソウル国際定期便就航7周年記念イベントとして「コリアWEEK」(主催:韓国観光公社、(株)大韓航空秋田支店、ソウル便利用促進協議会)が、8月12日から17日まで、秋田市卸町の秋田まるごと市場で開催されました。
 キムチ、のり、伝統茶などの韓国の代表食材や、螺鈿(らでん)細工の家具、伝統工芸品などを展示販売する「韓国まるごと物産展」や、チヂミやチャプチェなどの韓国料理を本場の味そのままに提供する「“全州中央会館”による韓国食堂」は、多くの人でにぎわいました。
 会場には、観光ツアーデスクも開設され、ソウル便を利用した韓国旅行が案内され、併せて韓国観光パネル展、DVD放映も行われました。また、期間中、伝統舞踏団による公演も毎日行われました。
 韓国の文化と経済交流をより一層促進し、路線の活性化を図ることを目的に、記念イベントを開催します。
 この機会に、是非みなさんも 韓国を見て、食べて、体験して、韓国に行ってみませんか。

 このイベントに先立ち、主催者である韓国観光公社仙台市店長や韓国舞踏団の一行が知事を表敬訪問しましたのでその様子も併せてお知らせします。

写真:知事表敬訪問の様子
知事表敬訪問の様子
写真:岩手・宮城内陸地震の被災に対し、見舞金をいただきました
岩手・宮城内陸地震の被災に対し、見舞金をいただきました
写真:コリアWEEK 初日のテープカットの様子
コリアWEEK 初日のテープカットの様子
写真:韓国まるごと物産展(オープン前)
韓国まるごと物産展(オープン前)
写真:賑わう韓国まるごと物産展のブースの様子
賑わう韓国まるごと物産展のブースの様子
写真:舞踏団公演の様子
舞踏団公演の様子

中国吉林省延辺朝鮮族自治州政府代表団の知事表敬訪問

7月28日に中国吉林省延辺朝鮮族自治州の凱党書記を団長とする政府代表団が知事を表敬訪問しました。今般の来秋は、延辺朝鮮自治州琿春市の日本工業園(工業団地)の誘致PRと延吉博覧会の案内などを行うことにより、今後の経済交流の発展を期しての訪問となります。
*延辺朝鮮自治州との交流については、平成11年に副知事を団長とする経済交流ミッションが同州を訪問し、平成14年からは経済交流を進めるため同州出身の国際交流員を現在まで受け入れています。平成18年に産業経済労働部長が、平成19年5月には知事をトップとした交流訪問団を同州に派遣しました。

写真:知事室における表敬訪問
知事室における表敬訪問
写真:県内企業の訪問視察の様子
県内企業の訪問視察の様子

実写版「釣りキチ三平」 主役 三平三平(みひらさんぺい)を演じる須賀健太さんの写真を公開!

 横手市増田町出身の漫画家 矢口高雄氏の代表作「釣りキチ三平」が、東映株式会社の制作により実写映画化されることになり、7月末から県内の渓谷や集落で撮影が開始されています。このたび、主役の三平三平を演じる須賀健太さんの写真、撮影風景の写真を東映株式会社さんから提供頂きましたので、皆さんにもご紹介します。監督は滝田洋二郎さん。三平の祖父(一平)役は渡瀬恒彦さんが演じ、来春公開予定とのことです。映画化に関する詳しい情報については、東映株式会社のホームページをご覧ください!!
写真:須賀健太さん

写真:撮影の様子

東映株式会社のホームページはこちらから→

ロゴ:東映株式会社

 

「あきた美彩館」におけるチャレンジショップ出品者を募集しています!

 東京アンテナショップ「あきた美彩館」において、県内企業等の新商品開発、創作活動、販路開拓活動を支援するため、店舗内において「チャレンジショップ」を実施することとしました。つきましては、チャレンジショップへ出品される方を広く募集しますのでお知らせいたします。
 対象事業者、対象商品、申込み方法などの詳細は、産業経済労働部産業経済政策課のホームページをご参照ください。
 産業経済政策課ホームページ 「チャレンジショップの募集について」

【参考:チャレンジショップ制度の概要】

図:チャレンジショップ制度の概要

「あきた美彩館」から『ひやおろしフェアー』実施のお知らせ!

 あきた美彩館「ダイニングはな小町」では、9月16日から『ひやおろしフェアー』を実施します。

 清酒は、冬に仕込まれ、春先に加熱殺菌されて熟成の眠りにつきます。「ひやおろし」と名付けられたこのお酒は、夏を超えたころ程よく熟成し、旨味が増し、まろやかでもっともバランスのよい状態になります。出荷前に加熱をしない、穏やかで落ち着いた香りと濃厚な味わいが魅力です。

 豊かな秋の味覚と一緒に楽しむのに最適なお酒といえるでしょう。
 数種類の銘柄を用意しておりますので、飲み比べてみてはいかがですか!

 あきた美彩館 ダイニングはな小町では、「本物の秋田」をまるごと売り込むため、「見て」「触れて」「食べて」感動していただく店舗として、秋田の特産品の販売や食を提供しております。皆様のお越しをお待ちしています。

あきた美彩館 ダイニングはな小町

【営業時間】 11時から24時まで (年中無休:元日のみ休業)

飲食店舗 「ダイニングはな小町」の営業

  • 11:00~14:00 ランチ
  • 14:00~17:00 喫茶
  • 17:00~24:00 ディナー

【所在地】

 東京都港区高輪四丁目10番8号 ウィング高輪WESTⅢ

【連絡先】

  • あきた美彩館 TEL 03-5447-1010
  • ダイニングはな小町 TEL 03-5447-1919 FAX 03-5447-5676
案内図
図:案内図

原油・原材料価格高騰に伴う「中小企業緊急支援事業」を実施します  最近の原油や原材料価格の高騰等の影響により、県内の中小企業の経営に深刻な影響を及ぼしてきております。

 このため、県では、「中小企業緊急支援事業」として、県内金融機関や商工団体・支援機関等と連携し、県の融資制度である「経営安定資金」を拡充し、原油等高騰に対して経営改善を図ろうとする中小企業の資金面等での支援強化を図ることにしました。
 融資制度の拡充については、融資枠の別枠化や融資利率及び保証料の低減をその内容としています。融資利率と保証の合計は1.93%となり、現行の2.83%と比較して、利用者の負担を大幅に軽減しました。

この他、(財)あきた企業活性化センターによる緊急支援事業として、緊急移動相談窓口の開設、専門家派遣事業(派遣旅費の全額をセンターが負担)も併せて行います。

 これらの緊急支援事業は、県内企業の厳しい状況を考慮し、9月1日から申込の受付けを開始し、来年の3月末まで実施することとしております。

 県では、6月9日に、原油・原材料等高騰対策庁内連絡会議を設置し、県としてとりうる対応策等を検討しております。
 県民の個別相談窓口等のご案内、県内石油製品価格動向の情報など、原油・原材料等高騰対策に関する県の総合的な情報提供に関しては、知事公室総務課のホームページをご覧ください。

「ふるさと回帰フェア2008」で“秋田暮らしの魅力”発信!!

9月20日(土)に東京大手町で開催される「ふるさと回帰フェア2008」(主催:認定NPO法人ふるさと回帰支援センター)のシンポジウムにおいて、“秋田暮らしの魅力”をお伝えします。

 テーマは『秋田、山といえば山、海といえば海』、オープニングプログラムから始まり、基調講演、秋田への移住を実践した方々のトークショーと盛りだくさんです。

 ご来場の皆様にはもれなく秋田の特産品をプレゼントいたします!!

 秋田県の国指定伝統的工芸品や秋田の銘酒などの豪華なプレゼントも、抽選で当たります。

 また、フェア会場では、「ニッポン全国ふるさと市場」など、楽しい催しもいっぱい開催されます。

 どうぞ皆様、お誘い合わせのうえご来場ください。心からお待ちしております。

詳細は、URL:/teiju/ (秋田県定住支援総合情報サイト)の 新着情報 「ふるさと回帰フェア2008」で“秋田暮らしの魅力”を発信!参加申込みを受付中! を御覧ください。

リーフレット:ふるさと回帰フェア2008

 

観光・イベント情報

十和田八幡平黄金歴史街道キャンペーンからのお知らせ !

~世界遺産・産業遺産を巡る旅~ 黄金歴史街道ツアーバスについて
 黄金ルート観光の決定版! 世界自然遺産から産業遺産まで、歴史と大自然を堪能できるツアーです。世界自然遺産「白神山地」と今年世界文化遺産に登録予定の平泉を回り、鹿角地域に 宿泊する2泊3日ツアーバスをお得な料金で運行しています。
 詳細はこちらからご覧ください。

「黄金バーガー ~鹿角で食う~ スタンプラリー」開催中
全品制覇で「黄金バーガーマスター認定」。さらにレベルに応じて抽選で金銀銅が当たる。開催期間は7月1日~11月31日。

 詳細はこちらからご覧ください。

 

開催日 イベント名(開催場所)
観光・イベント情報(平成20年9月~10月上旬)
9月6日(土)~9月7日(日) 第8回あきたエコ&リサイクルフェスティバル 秋田市
9月6日(土) 2008南極フェア にかほ市
9月6日(土)~9月7日(日) 第27回十和田湖国境祭 小坂町
9月7日(日)~9月9日(火) 角館のお祭り(角館祭りのやま行事) 仙北市
9月7日(日) うご牛(べご)まつり 羽後町
9月13日(土) 2008おなごりフェスティバルin能代 能代市
9月13日(土) 第12回秋田馬子唄全国大会  由利本荘市
9月14日(日)

男鹿水族館GAO「夜の水族館」 男鹿市

9月14日(日) 第29回神岡南外花火大会 大仙市
9月20日(土)~9月21日(日) 下町かぶき組若手花形座長大会  康楽館
9月21日(日) 院内銀山まつり 湯沢市
9月21日(日) 第23回田沢湖マラソン 仙北市
9月21日(日) 第2回白神山地ウォーキングツアー 藤里町

  まだまだ秋田には、他にもたくさんの観光イベントがあります。市町村の観光イベント情報はこちらから検索できます。 

 

韓国向けHP「がおたくんが紹介する秋田県のホームページ」が好評です!

 平成20年7月にオープンした韓国向けの秋田県観光HPは「がおたくんが紹介する秋田県のホームページ」が、8月27日現在で、アクセス数が10万6千件に達しました!
 このホームページを見た韓国の方々が、秋田に興味を持って、秋田に来るきっかけになってくれれば、と思っています。韓国にお知り合いの方がいらっしゃいましたら、是非このホームページとがおたくんを紹介してください。
韓国向けホームページにジャンプします。(//www.akita.or.kr/

 

男鹿水族館GAO 毎月10日 福祉の日割引き!

 男鹿水族館GAOでは、9月から来年3月まで、毎月10日を「福祉の日」と定めて、特別割引を実施することとしましたので、お知らせします。

  • 期日 平成20年9月から平成21年3月までの毎月10日
  • 対象 障害者手帳をご持参の方と同伴のご家族全員
  • 料金 お一人さま 大人500円 小中学生 200円

産業経済労働情報

秋田県内の温泉施設の地震被害状況について(お知らせ)

平成20年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震については、本県でも県南部の震源地に近い一部の地域に被害があったものの、他の地域では影響がなく通常どおり営業を継続しております。
なお、震源に近い地域の営業状況は県観光課のホームページでお知らせしています。
 こちら(県観光課ホームページ)からご確認できます。

リーフレット:がんばってます、あきた

●平成20年度岩手・宮城内陸地震被害状況(秋田県)及び通行規制状況については、県からの重要なお知らせとして、美の国あきたネットのトップページで情報提供しています。
 美の国あきたネット 「県からの重要なお知らせ」はこちらです。

秋田・ソウル便 2008 冬季スケジュールについて(お知らせ)

 本県唯一の国際定期便であるソウル便は、本県の国際化に向け世界との架け橋となる期待を担い、官民一体となってようやく就航にこぎ着けた大切な路線です。
この10月には就航7周年を迎え、これまで17万人を超える皆様に利用されております。
 秋田・ソウル便は、現在、週3便(月・木・土)運航されおり、この度、平成20~21年の冬季運行スケジュール(秋田便は20年10月27日から適用)が確定しました。
 運行スケジュール、ソウルでの乗り継ぎ情報などの詳細情報は、
こちらからご覧ください。→ 秋田・ソウル国際定期便について
 

「美の国 秋田のうまいもん」~県産食品のインターネット通信販売サイト~

 秋田県とインターネット通販サイト「うまいもんドットコム」とのコラボレーションによる「美の国 秋田のうまいもん」プロジェクト。
 季節の「秋田人おすすめの逸品」はこちらから!!!

スクリーンショット:うまいもんどっとこむ

詳しくは、下記をご覧ください。

 

情報通信関連企業立地促進事業補助金が10月以降変更になります

 現行の情報通信関連企業立地促進事業補助制度は平成20年9月30日をもちまして終了となります。10月以降の補助制度につきましては、地域産業課企業誘致室のホームページに掲載の「補助制度改正の概要」をご確認ください。

秋田県合同就職面接会を開催します

 県と秋田労働局では、新規学卒者の円滑な県内就職の促進と、県内企業の人材確保を支援するため、平成21年3月に大学・短大・高専・専修学校等を卒業予定の学生を対象とした「秋田県合同就職面接会」を次により開催します。

開催日時及び会場

 日時:平成20年9月2日(火) 午後1時~5時(受付 正午~)
 会場:秋田ビューホテル(秋田市中通2-6-1)

※事前申込不要・入退場自由です。学生等の方は、当日直接会場へお越しください。(一部の企業では、既卒者も面談することができます。)
 参加企業等の詳細は、こちら(県雇用労働政策課ホームページ)をご覧ください。

秋田県立技術専門校の入校試験のご案内(平成21年4月入校生)  秋田県立技術専門校(鷹巣校、秋田校、大曲校)では、2年間の実践的で実習重視のカリキュラムにより、産業界で活躍できる幅広い専門的な技術・技能を持つ人材を育成しています。

 ただいま平成21年度入校生を募集しております。
 募集科、募集日程等の詳細は、県雇用労働政策課のホームページでご案内しておりますので、
こちらからご覧ください。雇用労働政策課ホームページ「秋田県立技術専門校の入校試験のご案内」

県内経済経済動向調査結果(平成20年6月分)

概況

  県内経済は、原油・原材料価格高騰の影響が拡大し収益性が一層悪化していることや、引き続き消費が弱含んでいることから、全体としても弱めの動きとなっている。

  • 製造業:生産の落ち込みや収益性の悪化により、弱めの動きである    
  • 建設業:依然として厳しい状況が続いている
  • 小売業:買い控えが見受けられ、弱含んでいる
  • サービス業:運送業の価格転嫁進まず、利益圧迫 

 

産学官連携関連情報

研究開発内容や特許・技術シーズに関するデータ・情報

国等の競争的研究資金に関する情報

ふるさと納税制度のご案内

 「ふるさと納税制度」は、自らが生まれ育ったふるさとや、応援したいと思う地域の自治体に対する寄附制度です。
  ふるさとへの寄附をした場合には、現在お住まいの自治体に納めている住民税、所得税から一定限度までが控除されます。
  なお、寄附対象となる自治体には特に制限はありませんので、生まれ育ったふるさとでなくても寄附できます。
  秋田県にお寄せいただいた寄付金については、次のような事業への活用を予定しています。活用方法については、お申し込みの時点で下記の中からお選びいただけます。
  皆様からのご支援をお待ちしております。
 なお、8月15日現在秋田県への寄附お申し込み件数は、累計で32件となっております。応援下さいました皆様ありがとうございます。

図:ふるさと納税制度のご案内

お申し込み方法など詳しくはこちら(県総合政策課ホームページ)をごらんください。

「魅せる秋田のキャッチコピー」大募集

写真:魅せる秋田のキャッチコピー

 県では、秋田の魅力を県内外にアピールし、元気な秋田づくりの旗印になるイメージを作成するため、キャッチコピーを募集しています。
 キャッチコピーは、別途募集するシンボルマークとともに県や団体、企業が、県の観光、イベントなどで幅広く使用できるよう、秋田の魅力がわかりやすく表現され、県内外に親しまれるものを目指します。
 応募資格に制限はありません。どなたでも応募できます。
 応募期間は、平成20年9月7日(日)まで(当日消印有効)となっております。
 応募方法、選考・発表等詳細については、こちら(県情報公開センターのホームページ)をご覧ください。

振興局からのお知らせ

頑張れ!!湯沢雄勝!!応援キャンペーン~湯沢雄勝の特産品を抽選で200名様にプレゼント~ 雄勝地域振興局~

 秋田県湯沢雄勝地域は、先の岩手・宮城内陸地震の被害に負けず、元気に頑張っています!
 この度、「頑張れ!!湯沢雄勝!!応援キャンペーン」としてキャンペーン期間中にキャンペーン参加施設に宿泊された方の中から抽選で200名の方に湯沢雄勝の特産品をプレゼントいたします。
 ここ、秋田県湯沢雄勝地域は、雄大な栗駒山麓の西側に位置し、これから秋にかけて観光シーズン本番を迎えます。ぜひ、紅葉の湯沢雄勝へお越しください。

写真:須川湖
須川湖
写真:小安峡
小安峡

副知事室からこんにちは

秋田県副知事 佐藤 文一

写真:花火

御挨拶

 まだ8月ですが、今年の秋田はお盆を過ぎたあたりからめっきり涼しくなりました。
 そんな中、8月23日には大曲の花火大会が開催され、今年も行ってまいりました。
 ご存じの方も多いと思いますが、大曲の花火大会は、正式には「大曲全国花火競技大会」といいまして、全国から集まった花火師が技術を競技する場で、全国でもトップクラスの花火を見ることができます。

 当日は、午後3時頃から雨が降り出し、最高気温も20度に届かないというあいにくの天気ではありましたが、夜花火が始まる午後6時50分には雨も止み、その後は激しく降ることもなくほっとしたところです。
 また、雨が降ったおかげか空気が澄み、例年よりも鮮やかな花火を見ることができた気がします。

 天候の影響で、観客の数も減るのかなという懸念もありましたが、桟敷席はほぼ埋まっており、皆さんが年に一度の大曲の花火大会を楽しみにしているのだと改めて感じました。 ただ、なにぶん肌寒い中での観覧でしたので、その後の皆さんの体調にお変わりがなければ、ということが気がかりです。
 こうしてまたひとつ、夏を象徴するイベントが終わりました。
 これから夏の疲れが出やすい季節になりますが、季節の変わり目でもありますので体調など崩さぬようご自愛ください。

課室長ペンリレー  

期待ギャップ 雇用労働政策課長 佐々木偉男

 現実と期待との差を「期待ギャップ」と言うそうです。例えばオリンピックー金メダル確実の選手が銀だと「何だ銀か」、期待されてない選手だと「素晴らしい快挙」ー同じ銀メダルなのに、どうしてこんなに評価が違うんでしょうか。
 きっと仕事の評価も同じで、期待値の高い人が多少良い成果をあげたり良い資料を作ったとしても、そんなに誉められることはないでしょう。反対に、あまり高くない人がたまに良い資料を作ったりすると、「この資料、良く纏まっているな」と誉められることになるでしょう。こうして見ると、サラリーマンとしては「誉められた時こそ注意」ということになるのですが、皆様いかがでしょうか。
 ところで、街角や赤提灯で「仕事忙しくてよ~」って言う声をよく耳にしますが、そう言っている人は、本当に忙しいんでしょうか。「仕事」って一体何ですか。
 私は、こう考えます。「仕事」とは、現状と期待値とのギャップを埋めること。故に、具体的な期待値を描けず、現状の分析ができない人には、「仕事」なんか無いのだと。明確なギャップを認識し、それを埋めるための手段を考え実行する。最初の手段の効果があまり無ければ、別の手段を考え、また実行する。これこそが「仕事」だと思っているのです。「仕事が忙しくて」と言う前に、本当に仕事をしているのか、自問してみることをお勧めします。
 エッ、自分はどうなんだって? 「はい、ごめんなさい。これから頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。」