アップルジャパン株式会社が輸入した携帯型音楽プレーヤーへの注意喚起

2014年01月24日 | コンテンツ番号 3277

アップルジャパン株式会社が輸入した携帯型音楽プレーヤー(商品名「iPod nano」)の一部において、充電中にバッテリーが過熱し、焼損事故が発生する事例が複数確認されています。事故が起きたのは、「アップル」社が平成17年9月から平成18年9月にわたって販売した携帯型の音楽プレーヤー「iPod nano」の第1世代と呼ばれる機種の一部の製品で、これまでに国内で181万台余りが販売されています。

下記の製品番号の商品をお使いになられている方は、機器の過熱にご注意ください。特に充電中に過熱・焼損事故が発生した事例が複数ありますので、ご注意ください。

対象製品

  • MA004J/A(販売台数708,000台)
  • MA005J/A(販売台数393,000台)
  • MA099J/A(販売台数424,000台)
  • MA107J/A(販売台数287,000台)