七夕まつり“こどもに夢を”でグリーン・ツーリズムをPR

2008年09月24日 | コンテンツ番号 3274

写真:七夕まつりこどもに夢をの様子1

 8月6日(水)~8日(金)までの「仙台七夕まつり」の期間に合わせ、仙台市役所前の勾当台公園市民広場において、農業農村整備PRイベント「七夕まつり“こどもに夢を」を開催されました。”
 このイベントは、宮城県、水土里ネットみやぎの主催で行われ、東北農政局が協力として参加し、昨年に引き続きイベントコーナーの一角に「東北地域都市と農山漁村の共生・対流」のPRとして東北のグリーン・ツーリズムコーナーを設けポスターの展示や東北管内各県各市町村等のグリーン・ツーリズムパンフレットの配布・説明を行いました。

 秋田県では東北農政局農村振興課の協力を得て、ポスター、パンフレットを会場に配置し、その配布を東北農政局へ依頼しました。

 このほか、農業農村整備PRコーナーや田植え、田んぼの生きもの紹介、水辺の生きものふれあいコーナーなど、それぞれのコーナーでPRが行われたほか、地震に伴う岩手・宮城の風評被害対策として両県への誘客活動も実施されました。
 
 仙台七夕まつりの3日間には約205万2千人(昨年:約203万人)の来客があり、各コーナーとも大勢の親子連れや観光客でにぎわい、農業農村整備PR会場にも多くの方が訪れ、大好評のなか無事終了しました。

写真:七夕まつりこどもに夢をの様子2
写真:七夕まつりこどもに夢をの様子3

外部リンク