GBビジネスに新たに取り組む地域を対象に、山菜出荷の研修会を開催しました!

2018年03月05日 | コンテンツ番号 32097

 平成30年2月28日(水)、由利本荘市赤田地域の東光館で、「GBビジネス」に参加する地域を対象とした研修会を開催しました!
 「GBビジネス」とは「じっちゃん・ばっちゃんビジネス」の略で、地域資源や高齢者をはじめとする住民の知識と技を活かした、自治会等による収益活動のことです。現在、県内各地の14地域が、集落ネットワークを構築して、首都圏への山菜共同出荷などを行っています。
 今回の研修会には、既に活動を始めている地域だけでなく、「GBビジネスに参加したい」という、新たな4地域も参加しました!

  [245KB]

 研修会には、千葉県柏市にある、株式会社京北スーパーより 岩渕  美秋 青果課長 を講師として迎え、山菜が首都圏でどのように評価されているかや、どのような規格の商品が人気があるかなどを説明していただきました。

 [276KB]
【商品の規格について説明する岩渕氏(写真中央)】

 また、既にGBビジネスに参加している地域が中心となって、実際にフキノトウの選別・梱包作業を行いました。新たに参加を検討している地域の皆さんも、実演を交えた研修を通じて、GBビジネスについて具体的に学ぶ機会となりました。

 詳細については、秋田県のがんばる農山漁村集落応援サイト(外部リンク)をご覧ください。