振り込め詐欺の被害金を返還するための新法が、施行されました。

2012年04月02日 | コンテンツ番号 3204

振り込め詐欺の被害金を返還するための新法「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律(平成19年法律第133号)」(以下、「振り込め詐欺救済法」)が、6月21日に施行されました。
振り込め詐欺救助法は金融機関が振り込め詐欺等により資金が振り込まれた口座を凍結し、 口座名義人の権利を消滅させる手続を行った後、 被害者の方から資金分配の申請を受け付け、 被害回復分配金を支払うことなどが定められています。
詳細については、預金保険機構のホームページを参照ください。