物品等調達支払管理システムのよくある質問とその回答

2016年08月30日 | コンテンツ番号 3196

パソコン環境に関すること

Q1-1 本システムを利用するためにはどのような準備が必要ですか。

  • パソコン(OS:Windows Vista,Windows 7)
  • A4版用紙に印字可能なプリンタ
  • インターネット・サービス・プロバイダとの契約
  • メールアドレスの取得
  • ソフトウェアのセットアップ(Windowsセキュリティパッチ、Internet Explorer 11)
  • Adobe Reader(無料)
    (※一般競争入札及び指名競争入札に参加される場合)
  • ICカード、ICカードリーダ及びICカードを利用する上で必要となるソフトウェアのセットアップ

※事前準備の詳細については、こちらからダウンロードできます。

システム利用の事前準備について

Q1-2 本システムの利用推奨環境はどうなっていますか。

パソコン・プリンタ

  • 機種:PC/AT互換機(DOS/V機)であること。
  • 画面解像度:1024×768(XGA)以上のカラーモニター
  • CPU: Windows Vista又はWindows 7の場合、Intel Core Duo 1.6GHz相当以上推奨
  • メモリ: Windows Vista又はWindows 7の場合、1GB以上推奨
  • HDD: Windows Vista又はWindows 7の場合、1ドライブの空きが1GB以上
  • インターフェイス:ICカードリーダライタの接続にUSBポート又はシリアルポートの空きが1つ必要です。
    (※購入するICカードリーダライタの種類により異なります。詳細はICカード購入先認証局へお問い合わせください。)
  • プリンタ:A4普通紙に印刷可能なプリンタ

OS・ソフトウェア

  • 対応OS:Windows Vista SP2、 Windows 7(注1)
  • JAVA実行環境:
    Windows Vistaの場合、JRE6.0 Update 14以降 又はJRE7.0 Update xx(注1)(注2)
    Windows の場合、JRE6.0 Update 17以降 又は JRE7.0 または8.0Update xx(注1)(注2)
  • ブラウザ:Internet Explorer 11 (注3)
    ※ Internet Explorer 10まではサポート期限が終了しておりますので、ご注意ください。
  1. 注1 Windows Vista又はWindows 7の導入にあたりましては、ご利用のICカードの発行認証局に対応状況をご確認ください。
  2. 注2 導入可能なJAVA実行環境については、ご利用のICカードの発行認証局に対応状況をご確認ください。
  3. 注3 Internet Explorer 11の導入にあたりましては、ご利用のICカードの発行認証局に対応状況をご確認ください。

ネットワーク

  • インターネットへ接続可能であること。
  • 以下のプロトコルによる通信が可能であること。
    • HTTP(HyperText Transfer Protocol)
    • HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Security)
    • SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)
    • LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)
  • 電子メールが送受信できること
  • ダイヤルアップ接続等を使用する場合は、回線速度が64kbps以上であること。
  • 専用線接続を使用する場合は、回線速度が128kbps以上であること。

Q1-3 Macパソコンで動作しますか。

動作保証対象外です。

Q1-4 Webブラウザに、FirefoxやNetscapeは使用できないのでしょうか。

Internet Explorer以外のWebブラウザは、画面が乱れたりする恐れがありますので動作保証対象外です。

Q1-5 ウィルス対策ソフトをインストールしていないと使用できないのでしょうか。

ウィルス対策ソフトを必ずインストールし、最新のウィルス定義ファイルが使用可能なように定期的に更新してください。

Q1-6 本システムでは、Cookieやサーバ証明書等が必要ですか。

ログイン完了を確認するためにCookieを使用します。そのため、パーソナルファイアウォール等でCookieを遮断している場合は、入札(見積)業務が行えません。サーバ証明書等については、特に必要ありません。

Q1-7 プロキシサーバ経由でインターネットに接続している場合は問題ありませんか。

ファイアウォール等の設定を社内のシステム管理者とご相談のうえ、接続していただくようお願いします。

Q1-8 本システムでは、JavaScriptが必要ですか。

入札金額の登録をする際に必要です。以下の方法で設定してください。

  1. メニューバーの[ツール]→[インターネット オプション]を選択します。
  2. [セキュリティ]タブ → [インターネット]ゾーンを選択し、[レベルのカスタマイズ]ボタンをクリックします。
  3. [スクリプト] → [Javaアプレットのスクリプト]及び[アクティブ スクリプト]を"有効にする"を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
  4. [インターネット オプション]画面も[OK]ボタンをクリックして閉じます。

制度一般に関すること

Q2-1 本システムにログインして見積や入札に参加したいのですが、どのようにすればよいのでしょうか。

本システムにログインして見積や入札に参加するには、秋田県の物品供給業者登録名簿に登録されており、電子メールアドレスをお持ちで、秋田県よりユーザーID、暗証番号及びパスワードを交付されていることが必要です。新規に登録される業者の方には、登録時にユーザーID、暗証番号及びパスワードを電子メールで送信します。 新規に登録を希望される業者の方は、下記のリンクからシステムトップページに入り、[業者管理システムログイン]ボタンをクリックし、「仮IDを取得する」をクリックして手続きを行ってください。

★秋田県物品等調達支払管理システムはこちら★

既に登録されている業者の方で、ユーザーID・パスワード等を紛失された場合は、総務事務センターへお問い合わせください。 問い合わせ先は、下記のリンクをご参照ください。

秋田県物品等調達支払管理システム問い合わせ先

Q2-2 登録している業種以外の案件に参加することは可能ですか。

可能です。

Q2-3 住所、社名、代表者、口座及びメールアドレスなどの変更があった場合は、どのようにすればよいのでしょうか。

下記のリンクからシステムトップページに入り、「業者管理システムログイン」ボタンをクリックしてシステムにログインし、「変更届」を提出してください。

★秋田県物品等調達支払管理システムはこちら★

Q2-4 本システムの利用のみを一時止めたいのですが、どうすればよいのでしょうか。

本システムの利用は、秋田県の物品供給業者登録名簿への登録と一体のものですから、システムの利用のみを休止することはできません。 なお、秋田県の物品供給業者としての事業を休止、又は登録を抹消しようとするときは、本システムトップページの「業者管理システムログイン」ボタンをクリックしてシステムにログインし、「休業届」又は「登録抹消届」を提出してください。

ユーザー認証に関すること

Q3-1 業者登録用のIDと見積入札用のIDは何が違うのですか。

業者登録用のID及びパスワードは、本社のみに交付され、物品供給業者登録の各種届出・申請メニューにログインする際に使用します。 見積入札用のID、暗証番号及びパスワードは、登録を希望するすべての営業所(本社、支社及び支店等)に交付され、見積書や入札書の提出などを行うメニューにログインする際に使用します。 なお、本社のみで営業所の無い業者の場合は、本社に業者登録用と見積入札用の両方のIDが交付されます。

Q3-2 暗証番号、パスワードを変更したいのですが、使用できる文字に制限はありますか。

業者登録用、見積入札用について、次のとおりです。

業者登録

※初回ログイン時に変更した後は変更できませんので、ご注意ください。

  • パスワード:1~10桁の半角英数字(使用するアルファベットは大文字・小文字が区別されます。)

見積入札

  • 暗証番号:4~20桁の半角数字
  • パスワード:6~20桁の半角英数字(使用するアルファベットは大文字・小文字が区別されます。)

Q3-3 1つのユーザーIDで複数の電子メールアドレスを登録できますか。

1つのユーザーIDで登録できる電子メールアドレスは1つだけです。受信者側で関係者に転送するなどによりご対応ください。

操作一般に関すること

Q4-1 操作マニュアルはどこに掲示されていますか。

システムのトップページの【メニュー】(24時間利用可能)の中の「各種ダウンロード」を選択して表示されるページ内にあります。

また、こちらからも参照することができます。

操作マニュアル

Q4-2 システムの画面が文字化けして正しく表示されません。

Internet Explorer(以下「IE」といいます。)以外のブラウザを使用している、またはブラウザの設定が正しくない可能性があります。本システムの推奨ブラウザはIE11です。使用しているブラウザの種類、バージョンに問題がない場合はブラウザの画面上で右クリックして、[エンコード]→[日本語(シフト JIS)]をクリックしてみてください。日本語と英語以外のページを表示することがなければ、メニューバーの[表示]→[エンコード]において、[自動選択]をオフにしておくと、ページが正常に表示される可能性が高まります。

Q4-3 新しいユーザーIDで過去の情報等を参照できないのですが。

継続申請をしなかった場合、新規申請扱いとなりユーザーID(業者登録番号)が変更になります。この場合、過去の情報等は参照できません。

Q4-4 発注状況等を確認するために本システムを頻繁に確認する必要がありますか。

管理メニューのメール配信設定に条件にあった発注があったときなどに通知の電子メールを送る機能があります。これらのメール通知機能をご利用いただくことで、頻繁に本システムをご確認いただく手間を減らすことができます。

なお、初期設定では、案件が公開されたことをお知らせする通知メールは配信されないようになっていますので、ご注意ください。

Q4-5 資格停止業者はシステムにログインできませんか。

ログインすることはできますが、見積書や入札書を提出しても無効扱いとなります。

Q4-6 「全角文字のみで入力してください。」というエラーが出ますが、どこが全角文字でないのか分かりません。何かいい方法はないでしょうか。

半角文字を全角文字に変換するツールなどを利用すると作業の軽減が図れると思われます。具体的には、エラーの箇所(全角文字が含まれていても可)をクリップボードにコピーし、ツールを用いて半角文字を全角文字に変換した後、再びクリップボードを経由してエラーの箇所に貼り付けるという手順になります。

Q4-7 「不正な文字があります。」というエラーが出ますが、具体的にはどのような文字なのでしょうか。また、その対処方法はどのようにすればよいのでしょうか。

本システムでは機種の差異により文字化けを引き起こす文字を禁止文字としております。代表的なものに①、②、③、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲといった特殊文字があります。なお、「不正な文字があります。」となった場合には「①」→「1.」とするなど、正字を使用した表現に置き換えてください。

Q4-8 添付ファイルのサイズ制限はありますか。

添付できるファイルのサイズは、1MBまでです。

Q4-9 ブラウザの「お気に入り」から公開案件の検索などを行おうとするとエラーになります。

本システムのトップページを経由せずに直接検索などのページを開こうとするとエラーになります。必ずトップページを経由して検索などを行ってください。 トップページは下記のリンクからご覧ください。(ブラウザの「お気に入り」に、このトップページを登録していただくと便利です。)

★秋田県物品等調達支払管理システムはこちら★

なお、秋田県公式Webサイト「美の国あきたネット」から本システムへ移動する場合は、「美の国あきたネット」のトップページ左側にある[部署別]から[出納局]→[総務事務センター]をクリックし、移動したページ内の「物品調達システム(業者登録・見積入札)の利用方法について」という項目の一番上にある「★秋田県物品等調達支払管理システム(業者登録・見積入札)はこちら★」をクリックしてください。

Q4-10 業者登録の継続申請(又は変更届)情報を入力していますが、次の画面へ進むことができません。

業者登録画面を閉じてから Internet Explorer を起動して「互換表示設定」を行ってください。 設定方法は、下記ファイルをご参照ください。(IE11も設定項目は同様です。)

秋田県物品等調達支払管理システムのInternet Explorer 8 への対応について

なお、Internet Explorer のバージョンが 9以降の場合も、「互換表示設定」を行わないと同様の現象が発生する場合がありますので、下記ファイルをご参照ください。

 業者登録(継続申請)等で次画面(契約者情報へ)に進まない場合の対処方法(IE11対応)

Q4- 11 業者登録継続申請を怠り新規に登録したところ、有効期限未到来のICカードが利用できません。

業者登録継続申請を怠った場合、ICカード利用者情報が引き継がれませんので、ICカード利用者情報の再登録が必要になります。 ただし、現在登録されているICカード情報をデータベース上から削除する必要がありますので、ユーザID、業者コード、会社名を「buppin@pref.akita.lg.jp」あてメールでお知らせください。 データベース上から削除した後メールで返信しますので「物品等調達支払管理システム」の「見積入札システムログイン」ボタンからシステムにログインして、「管理メニュー」から「利用者登録」を再度行ってください。

パソコン障害時の対応について

Q5-1 会社のパソコンが通信障害やハードウエア障害で使用できない場合はどうしたらよいのですか。

利用者側に起因する障害には対応できません。利用者側のシステム管理者にお問い合わせください。

利用者登録に関すること

Q6-1 ICカードはどこから購入すればよいのですか。

電子入札コアシステムに対応した認証局から購入していただきます。各認証局については、下記のリンクから「コアシステム対応認証局」をご参照ください。

電子入札コアシステム開発コンソーシアム

Q6-2 国土交通省等、他の電子入札システムで使用しているICカードは使えますか。

国土交通省はじめ「電子入札コアシステム」を採用している公共発注機関であれば、同じICカードが使えます。ただし、ICカードの名義人は秋田県の物品供給業者登録名簿に登録されている方と同一であることが必要です。

Q6-3 管理メニューから利用者登録を選択すると、ICカードの挿入画面に日付、時刻が表示されません。

Java.Policyの設定に不備がある可能性があります。日付、時刻の表示は数分かかる場合があります。 なお、Java.Policyの設定方法については、認証局のセットアップ手順書及び次のファイルをご参照ください。

 秋田県物品等調達支払管理システムの事前準備について

Q6-4 利用者登録メニューで登録ボタンを押しても先に進まないのですが。

ポップアップブロックの設定に不備がある可能性があります。IEのバージョンに応じて次のマニュアルを参照し、設定内容を確認してください。 特に、YahooやGoogleのツールバーがIEにインストールされている場合、そのツールバーのポップアップブロック設定に原因がありますので、設定の変更(解除)を行うか、ツールバー自体を削除してください。

IE8:秋田県物品等調達支払管理システムのInternet Explorer 8への対応について

IE11:業者登録(継続申請)等で次画面(契約者情報へ)に進まない場合の対処方法(IE11対応)

Q6-5 ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-01400205-10048」が表示され、先へ進めません。
ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-01400209-19999」が表示され、先へ進めません。

ポップアップブロックの設定に不備がある可能性があります。 Q6-4をご参照ください。

Q6-6 ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-00103101-03001」デバイスエラーが表示され、先へ進めません。

ICカードリーダの接続ケーブルが外れていないかご確認ください。きちんと接続されている場合は、ICカードリーダを接続したままパソコンを再起動することで正常化する場合があります。それでも上記エラーが解消しない場合は、ICカード関連ソフトウェアのインストール不備が考えられますので、各認証局へお問い合わせください。

Q6-7 ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-00101902-19999」が表示され、先へ進めません。

Java.Policyの設定に不備がある可能性があります。秋田県物品調達システムのURL等は次のとおりですのでご確認ください。 なお、Java.Policyの設定方法については、認証局のセットアップ手順書及びQ6-3のファイルをご参照ください。

Q6-8 ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-00103404-19999」が表示され、先へ進めません。

下記の手順に従い、Javaキャッシュのクリアをお願いします。(※下記の手順は、JRE6.0の場合の手順です。)

  1.   Windowsの[スタート]ボタンをクリックします。
  2.  [コントロール パネル]をクリックします。
  3.   「コントロール パネル」ウィンドウの左側の「コントロール パネル」の下が[クラシック表示に切り替える]となっている場合はクリックして、[カテゴリの表示に切り替える]にしてください。
  4.   [Java]をダブルクリックします。
  5.   [基本]タブを選択し、[インターネット一時ファイル]の[設定]ボタンをクリックします。
  6.   [一時ファイルの設定]画面で[ファイルの削除]を選択し、次画面で[アプリケーションとアプレット]にチェックを入れ[了解]ボタンを押します。削除したらパソコンを再起動して再度処理を行います。

Q6-9 ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-00101901-03002」が表示され、先へ進めません。
ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-00103101-03002」が表示され、先へ進めません。

ICカードとICカードリーダの接触不良、またはPIN番号の入力ミスが原因です。PIN番号の入力時にICカードリーダのLEDが点灯(点滅)しているか、PIN番号の入力時に半角/全角や英数字の大文字/小文字などに注意し、再度PIN番号を入力してください。

入札(見積)書の提出に関すること

Q7-1 案件の発注情報は連絡があるのですか。

管理メニューのメール配信設定に、条件にあった発注があったときに通知の電子メールを送る機能がありますので、必要に応じて設定してください。 なお、初期設定では、指名通知以外のメール通知は配信されないようになっていますので、ご注意ください。

Q7-2 入札金額、見積金額には税込額を入力するのですか、税抜額を入力するのですか。

見積金額、入札金額について、それぞれ次のとおりです。

入札金額

入札書の入札金額は、課税業者、免税業者を問わず、契約希望額の総額から8パーセントに相当する額を除いた金額を入力してください。

見積金額

見積書の見積金額は、契約希望額の総額を入力してください。したがって、課税業者は税込の総額を入力してください。

Q7-3 入札(見積)書を変更・取消したいのですが可能でしょうか。

見積書の場合、変更はできませんが、受付期間中は取り消すことが可能です。また、一度取り消した後に再度見積書を提出することが可能です。 入札書は、一度提出すると変更や取消はできません。

Q7-4 同一案件で複数回に分けて入札(見積)書を提出することはできますか。

分割見積(最初に一部の見積を提出して、後日残りの部分の見積を提出する)はできません。ただし、ひとつの案件に品目の多い個別単価契約には一時保存機能がありますので、一度に見積書の入力ができない場合はそちらをご利用ください。

Q7-5 実際に入札(見積)書が提出されたか確認できますか。

見積については、管理メニューのメール配信設定で「見積書受領通知」のチェックボックスをONに設定すると、見積が提出された時に自動で確認メールが送信されます。 入札については、上記のような設定を要せずに全ての案件について自動で確認メールが送信されます。

Q7-6 資格停止の措置を受けた場合、電子入札(見積)には参加できますか。

資格停止期間中は、入札(見積)書を提出しても無効扱いとなります。

Q7-7 案件状況一覧から(入札書の)「提出可」を選択して表示されるICカードの挿入画面の中に、本日の日付、時刻が表示されません。

Q6-3を参照してください。なお、日付・時刻の表示には、数分かかる場合があります。

Q7-8 入札書に金額を入力し、提出内容確認ボタンを押しても先に進んでいきません。

Q6-4をご参照ください。

開札に関すること

Q8-1 入札(見積)書提出後に資格停止となった場合は、落札業者になることができますか。

落札決定時又は落札結果公開時に資格停止になっている場合は、落札業者になることができません。

Q8-2 最低価格者が複数の場合はどうなるのでしょうか。

本システムでは、案件番号、業者番号、入札(見積)金額の合計額等の数値を使った電子くじにより落札者を決定します。 電子くじはハッシュ関数を使用し、その公平性が保証されておりますのでご安心ください。

Q8-3 一昨日以前に公開された開札結果の検索はどのようにすればよいのでしょうか。

[公開案件検索]画面で「開札結果検索」をチェックし、その他絞り込み条件を指定の上、検索を行ってください。

契約、納品及び請求に関すること

Q9-1 契約書類はシステムから出力されますか。

契約書又は請書の作成が必要な案件の場合、「開札結果一覧」画面の「契約回答」欄から契約書又は請書をダウンロードできますので、印刷して内容を確認してください。(契約書類がダウンロード可能になりますと、システムの自動配信メールでお知らせします。) 契約書又は請書の作成についての問い合わせ先は、下記のリンクをご参照ください。

秋田県物品等調達支払管理システム問い合わせ先

Q9-2 納入期限までに納品しましたが、受注状況一覧画面の該当案件の「納入」欄が「未」と表示されています。なぜ、「未」のままなのでしょうか。

納品された課所で該当案件の検査情報登録を行っていないと思われますので、お手数をおかけしますが納品された課所の担当者にご確認ください。担当者が検査情報登録の処理を行うと、受注状況一覧画面の該当案件の「納入」欄が「済」と表示されます。

Q9-3 請求書の様式は指定されたものがありますか。

請求書の様式に指定されたものはありませんので、業者の方の様式(請求書)をお使いください。なお、本システムの受注状況一覧画面に「請求内訳書出力」の機能がありますので、請求書には印刷した「請求内訳書」を添付してください。

Q9-4 請求書を郵送したいのですが、どこに送付すればよいのでしょうか。

総務事務センターに送付してください。 送付先は、下記のリンクをご参照ください。

秋田県物品等調達支払管理システム問い合わせ先

Q9-5 請求書を提出しましたが、代金はいつ振り込まれますか。

総務事務センターにお問い合わせください。 問い合わせ先は、下記のリンクをご参照ください。

秋田県物品等調達支払管理システム問い合わせ先