お互いさまスーパー「仙道てんぽを核とした地域づくりを考える研修会」を開催!

2018年02月23日 | コンテンツ番号 31748

平成30年2月20日(火)、お互いさまスーパー「仙道てんぽ(羽後町仙道)」で、「仙道てんぽを核とした地域づくりを考える研修会」が開催されました。
 
  [150KB]
 【講演を聴く仙道地域の住民】

  [95KB]
 【つねよし百貨店の運営状況を説明する東田氏】 

 京都府常吉地区で「つねよし百貨店」を運営する 東田 一馬 氏を講師として迎え、集落唯一の商店を運営するうえでの苦労や、維持していくために取り組んでいること等について、講演していただきました。
 当日は約20人の地域住民が参加し、同じ「地域密着型」の商店の運営事例について学び、「仙道てんぽ」への活用可能性を考える機会となりました。
 
 詳しくは以下のリンク先「産地直送ブログ」をご覧ください。

http://common3.pref.akita.lg.jp/genkimura/blog/?p=52045 (産地直送ブログ:「お互いさまスーパー「仙道てんぽを核とした地域づくりを考える研修会」を開催!)

平成30年2月6日(火)・7日(水)の二日間、県内2箇所の「お互いさまスーパー」で、バレンタインフェアが開催されました。
 今回のバレンタインフェアでは、生チョコレートをはじめとした北海道スイーツが販売されたほか、無料でチョコレートタルトづくり体験が行われました。
 会場の1つである「赤田ふれあいスーパー(由利本荘市赤田)」には、同地域を含む北内越(きたうてつ)地区3地域のほか、大内地区からも、たくさんのお客様が来場し、チョコレート作りなどを体験していました。
 詳しくは以下のリンク先「産地直送ブログ」をご覧ください。

http://common3.pref.akita.lg.jp/genkimura/blog/?p=51719(産地直送ブログ:「赤田ふれあいスーパー」バレンタインフェア、大いに賑わいました!)