秋田県庁産業経済労働部だより(第41号)

2008年04月30日 | コンテンツ番号 3123

マスコット:すぎっち

平成20年4月30日発行

  

秋田県ゆかりの皆様へ

〈目次〉

トピック・とぴっく

「今年度の秋田の顔」~「十和田八幡平黄金歴史街道」観光キャンペーンスタート!

今年度の「秋田の顔」~「十和田八幡平黄金歴史街道」観光キャンペーンが、4月から本格的にスタートします。11月まで展開するメニューの目玉企画は、十和田湖と奥入瀬渓流を起点とし、世界自然遺産「白神山地」か史跡尾去沢鉱山と小坂鉱山事務所、康楽館などを巡り、八幡平を経て平泉までを結ぶ2泊3日のバスツアー。ロマンあふれる「黄金歴史街道」を是非お楽しみください。

 

詳しくは下記のホームページをご覧ください。

 大韓航空本社等の知事訪韓について

  日韓知事会議の開催に合わせ知事が訪韓し、平成20年4月11日(金)、大韓航空本社等 関係機関を訪問しました。

訪問先

  1. 大韓航空本社
  2. 大韓航空ソウル旅客支店
  3. 韓国観光公社
  4. 韓進観光

訪問先では、今後の利用促進に向けた協議、10月末からの冬季スケジュール以降の運行継続などをお願いし、また、以下のことを確認してきました。

  • お互いの信頼関係の強化
  • 大韓側も、地方路線の重要性を認識していること
  • 秋田から韓国への利用促進対策など、秋田の取組を評価いただいたこと
  • 大韓側も、搭乗率アップに努力することとし、韓国からの誘客対策等について、宣伝広告の強化等具体のアドバイスをいただいたこと

県では、大韓航空等との連携を強化しながら、次のような取組を進め、引き続き路線の維持に努力します。

  • 現在、事務レベルで宣伝広告の強化や新しい旅行商品の開発等具体策の協議に向けた準備を進めており、特に、宣伝広告については、大韓航空と連携を図りながら、早急に事業を実施します。
  • 大韓航空や韓国旅行会社などを秋田に招待し、「秋田の良さ・素晴らしさ」を強くアピールすることにより、魅力ある旅行商品造成を促します。
写真:大韓航空者と話し合い
大韓航空本社幹部との話し合いと大韓航空旅客支店幹部との話し合い
写真:韓国観光公社社長と知事と韓進観光幹部の方々
韓国観光公社社長と知事と韓進観光幹部の方々

秋田ソウル国際定期便情報はここをクリック

秋田県観光情報発信・商談会  inソウル!

  平成20年4月11日(金)ソウルロイヤルホテルにおいて社団法人秋田県観光連盟主催の秋田県観光情報発信・商談会が開催されました。秋田県からは宿泊施設や観光施設など12社が参加、韓国側からは旅行会社やマスコミなど22社35名の方に出席していただき、秋田のすばらしさをPRするとともに、旅行商品造成のための情報交換を行いました。

写真:秋田県観光連盟渡邊会長あいさつと県の支援制度等を紹介する様子
秋田県観光連盟渡邊会長あいさつと県の支援制度等を紹介する様子
写真:ブースに分かれての商談会と地域ごとに、観光地・施設を紹介する様子 ブースに分かれての商談会と地域ごとに、観光地・施設を紹介する様子

復興航空チャーター便(台湾)の運航!

  今年から、台湾~日本間のチャーター便市場への新規参入が許可された復興航空(TransAsia Airways)が、日本へ向けた最初のチャーター便が次のとおり秋田空港に運航されました。
  県では、昨年11月に台北市で「秋田の旅情報発信交流会in台北」を開催し、台湾の航空会社や旅行会社に対して秋田の魅力をアピールしてきたほか、今年1月からは秋田空港の着陸料を減免するなど、チャーター便の誘致に向けた環境の整備を進めてきており、この度の復興航空のチャーター便(主催旅行会社:天喜旅行社)運航は、その取組が実を結んだものです。
  桜の東北を巡る4泊5日のツアーに参加された台湾のお客様は、秋田空港に到着した際、お土産のプレゼントを受け取るとともに、出迎えた「なまはげ」と記念写真を撮り、秋田から始まる花紀行にみんな笑顔で出発しました。

運行スケジュール  

 運行スケジュール
4月19日(土) 台北09:50→秋田14:00(初便)
秋田15:00→台北18:10
4月23日(水) 台北09:50→秋田14:00
秋田15:00→台北18:10
4月27日(日) 台北09:50→秋田14:00
秋田15:00→台北18:10
5月1日(木) 台北15:00→秋田19:30
秋田20:30→台北23:40

ツアーの概要

 台湾の天喜旅行社主催による、春の東北(秋田・青森・岩手・宮城・山形)を巡る4泊5日の周遊型団体ツアー。県内での宿泊先は、秋田市内のシティホテルや鹿角市内の湯瀬温泉郷です。  

写真:なまはげとの写真
ようこそ!四季の彩り豊かな美の国秋田へ なまはげと記念写真

「ロシア向け輸出中古車商談会」が開催されました

 平成19年4月から秋田港にトライアル寄港を行っているロシア・ウラジオストク港向けRo/Ro船航路の維持及び定期化に向けた取り組みとして、民間団体主催による「ロシア向け輸出中古車商談会」がこのたび開催されました。

  商談会は、昨年10月の開催に続き2回目となるもので、ロシア向け中古車バイヤー及びその日本法人社員等16社19名の参加により行われました。参加者は前回から7社9名の増、販売する側のディーラーも2社増となったほか、全体の売約実績も昨年の商談会を上回るなど、各会場では活発に商談が展開されました。今回売約が成立した中古車は、5月1日に寄港する予定のRo/Ro船を利用してロシアへ向け輸出されることとなっています。

1 秋田県ディーラー・ロシア輸出中古車商談会 

  • 主催
    秋田県自動車販売店協会(会長:三浦廣巳・秋田日産自動車株式会社代表取締役社長)
  • 期日
    平成20年4月15日(火)~16日(水)
  • 会場
    各ディーラーの指定した展示場(12カ所)

※商談会の会場となったディーラー(開催順)

  • トヨタカローラ秋田株式会社
  • 羽後日産モーター株式会社
  • 株式会社ホンダ四輪販売北・東北
  • ネッツトヨタ秋田株式会社
  • 秋田トヨペット株式会社
  • 秋田スバル自動車株式会社
  • 株式会社東北マツダ
  • 秋田日産自動車株式会社
  • 日産プリンス秋田販売株式会社
  • 秋田トヨタ自動車株式会社
  • 秋田いすゞ自動車株式会社
  • 株式会社日産サティオ秋田

 2 JU秋田オークション・ロシア輸出中古車商談会

  • 主催
    秋田県中古自動車販売商工組合(理事長:最上育平・有限会社エスエム自動車商会代表取締役)
  • 期日
    平成20年4月17日(木)午前11時~午後5時
  • 会場
    JU秋田オークション会場(秋田市御所野湯本一丁目1-1)

これらの動きを受け、県としても(社)秋田県貿易促進協会や秋田沿海州航路誘致推進協議会等と連携し、貨物の発掘や輸出中古車の秋田港への集約などの航路の維持及び定期化に向けた活動に、引き続き取り組むこととしております。

写真:会場にずらりと並んだ中古車と出展車をチェックするバイヤー
会場にずらりと並んだ中古車と出展車をチェックするバイヤー

科学技術分野の文部科学大臣表彰(創意工夫功労者賞及び創意工夫育成功労学校賞)

  優れた創意工夫によって職域における科学技術の進歩、改善に貢献した方を対象とした「創意工夫功労者賞」において、本県では、横手精工株式会社の油谷晃さんら9名が選ばれました。油谷さんは、ラインの途中に、組み込めるスライド式コンベヤーを考案。作業員が長いラインの途中を横切って反対側に移動できるようにして材料補給や復旧作業の時間を短縮、作業員の疲労軽減を図った業績で受賞されました。
また、科学技術に関する創意工夫の育成に顕著な成果を収めた小・中学校に与えられる創意工夫育成功労学校賞は、大館市の有浦小学校が受賞しました。有浦小は、各学年に合わせた内容の発明・アイデアの基礎指導や児童・保護者を対象とする展覧会の実施など創作意欲を喚起する取り組みを行い、県や全国の発明展で入賞者を出すなど成果を上げていることが評価されました。 4月23日、県庁において表彰状の伝達式が行われました。

受賞された方々及びそれぞれの業績の概要はこちらです。

写真:表彰状の伝達を受ける横手精工(株)の油谷さん写真:表彰状の伝達を受ける横手精工(株)の油谷さん
表彰状の伝達を受ける横手精工(株)の油谷さん

「秋田県合同就職面接会」を開催しました  平成21年3月に大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等を卒業予定の学生、既卒者、Aターン希望者を対象とした「秋田県合同就職面接会」を4月22日(火)東京の中野サンプラザで開催しました。

この面接会は、県と労働局、県内各ハローワークが共催したもので、県内就職を促進するとともに県内企業の人材確保することを目的として、東京会場では、36社、63人の参加がありました。

県内就職を目指す学生と企業の採用担当者との熱心な面談が行われ、終了時間が過ぎても面談している光景が見られました。
 なお、この面接会は5月8日(木)に秋田ビューホテルでも開催ます。

写真:会場では、学生と企業採担当者との熱心な面談
会場では、学生と企業採担当者との熱心な面談が行われました。

「美の国 秋田のうまいもん」  ~県産食品のインターネット通信販売サイト開設~

  秋田県とインターネット通販サイト「うまいもんドットコム」とのコラボレーション企画が実現しました。題して「美の国 秋田のうまいもん」プロジェクト。
食料自給率160%の秋田には、まだまだ知られていない美味が数多くあります。
秋田各地の人々が自分達だけで楽しんできた「秋田のうまいもん」を全国どこからでもお取り寄せいただけます!!

スクリーンショット:うまいもん.com

詳しくは、下記をご覧ください。

観光・イベント情報(平成20年5月~6月上旬)

開催日

イベント名(開催場所)

観光イベント情報
5月3日(土) 森吉山山開き(様田登山口) (北秋田市)
5月3日(土)~5月5日(月) ’08秋田スカイフェスタ (横手市)
5月4日(日)~5月5日(月) 2008ワールド・エコノ・ムーブ (大潟村)
5月6日(火)~5月下旬 きみまち阪つつじまつり (能代市)
5月11日(日)~5月25日(日) 本荘つつじまつり (由利本荘市)
5月13日(火)~5月27日(火)

千秋公園つつじ祭り (秋田市)

5月25日(日) 白神山地自然観察会「ミネザクラをみよう」 (八峰町)
5月31日(土) まほろば唐松薪能公演 (大仙市)
6月1日(日) 第22回白神山地山開き登山~新緑と残雪の藤里駒ヶ岳 (藤里町)
6月上旬 2008鳥海「新緑まつり」 (由利本荘市)
6月1日(日) 第42回十和田湖山開き (小坂町)
6月7日(土)~6月15日(日) 田沢湖高原たけのこ祭り (仙北市)
6月7日(土)~6月8日(日) 小町まつり (湯沢市)
6月7日(土)~6月22日(日) 大館バラまつり (大館市)
6月7日(土)~6月8日(日) 第25回小坂町アカシアまつり (小坂町)
6月8日(日) 田代名産たけのこ祭り (大館市)
6月8日(日) 第20回小安峡つりっこ大会 (湯沢市)
6月10日(火) マタギの里「山菜祭り」 (北秋田市)

  秋田には、他にもたくさんの観光イベントがあります。市町村の観光イベント情報はこちらから検索できます。

産業経済労働情報

「韓国に行くならコレを知らなきゃ損!」 ~2万円補助ツアーについて~

  秋田ソウル国際定期便利用促進特別企画として、(財)秋田県市町村振興協会では、秋田ソウル国際定期便の利用促進を図るため、特定ツアー参加者に対して2万円を助成します。
 秋田からもっとも身近な国“韓国”を、この機会に一度体験してみませんか!

助成対象ツアーなど詳しくはここをクリック

労働条件等実態調査結果について

 県では、秋田県内民間事業所における労働条件等の実態を明らかにするため、平成19年10月末日現在で実施した「平成19年度労働条件等実態調査」の結果を公表しております。

「地域若者サポートステーション」の開設について

  秋田市御所野のフレッシュワークAKITA(秋田県、秋田労働局、(財)秋田県ふるさと定住機構が協同で運営)内に、課題を抱えながらも職業的自立を目指している若者の相談を受け、就職に結びつける支援をしていくことを目的として、「地域若者サポートステーション」を5月1日より開設します。
  地域若者サポートステーションは、秋田県が厚生労働省と協同して設置するもので、県の委託を受けたNPOがジョブトレーニング、職場体験などを実施します。
  また、相談内容に応じて、専門のキャリアカウンセラーによるカウンセリングや、臨床心理士による心理カウンセリングも行います。

  • 場所
    フレッシュワークAKITA(秋田テルサ3階)内に設置
  • 開設時間
    毎週火曜日~土曜日 9:00~18:00
    • NPOによる相談は、
      火曜日と木曜日が12:00~18:00
      水曜日はジョイナス(千秋公園入口 018(837)1171)で13:00~17:00
    • ジョブトレーニングや職場体験等は毎週金曜日、土曜日に実施する予定です。
  • 問い合わせ先
    • サポートステーション全般、キャリアカウンセリングについては、
      「フレッシュワークAKITA 018(826)1735」
    • NPOによる相談、ジョブトレーニング等については、
      「不登校を考える親の会あきた 018(853)4367」

県内経済経済動向調査結果(平成20年2月分)

概況 

県内経済は、原油・原材料価格高騰により、収益性が悪化していることや、消費がやや弱含んでいることから、全体としてもやや弱含んでいる。

  • 製造業:横ばい圏内で推移
  • 建設業:業界全体としてより厳しい状況が続いている
  • 小売業:やや弱含んでいる
  • サービス業:保険・DTPが強含みで推移

詳細は組織別案内をご覧ください。

新任の中国国際交流員・韓国国際交流員の紹介

(財)自治体国際化協会が実施する「JETプログラム」(語学指導等を行う外国青年招致事業)による中国及び韓国からの新任の国際交流員が、産業経済労働部に着任しましたので御紹介します。

  • 金 銀松 中国国際交流員
    32歳。中国吉林省延辺朝鮮族自治州外事弁公室から派遣され、流通貿易課に着任。中国の経済事情等に精通した即戦力として期待されています。対中貿易を行う県内企業の支援など中国との経済交流の促進に力を注ぎたいと抱負を述べています。
  • 柳 ハンナ 韓国国際交流員
    33歳。韓国ソウル市出身。観光課に着任。韓国旅行エージェントとの連絡調整も含め韓国と本県の交流事業に係る多面的な活躍が期待されています。自身も、秋田の「温泉」「人柄」そして「料理」について、直接触れて、感じ て、味わって、韓国に秋田の魅力を積極的に発信していきたいと抱負を述べています。 

平成20年度企業支援施策説明会開催報告 (財)あきた企業活性化センター

 財団法人あきた企業活性化センターは、県内企業、創業を目指す方、企業支援関係機関等へ向けて平成20年度の企業支援施策をPRするため、「平成20年度企業支援施策説明会」を県内4会場において開催(平成20年4月14日~17日)しました。参加者は、企業、金融関係者、行政関係者、商工団体関係者、個人など合計360名に上りました。また、説明会終了後に開かれた個別相談会では、具体的な案件について数多くのご相談が寄せられました。

写真:説明会の風景

説明会の風景(秋田市 ルポールみずほ)

詳細はこちら

秋田県経営品質賞表彰式と記念講演会のご案内

  秋田県経営品質賞委員会【委員長 吉村昇(秋田大学学長)】は3月25日に賞委員会を開催し、2007年度秋田県経営品質賞(奨励賞)の授賞組織を、秋田トヨタ自動車(株)と決定しました。
  つきましては、秋田県経営品質賞委員会・秋田県経営品質協議会主催により、表彰式と記念講演会が次のとおり開催されますので、ご案内いたします。

  • 日時
    2008年5月13日(火曜日)午後3時から
  • 場所
    秋田県庁第二庁舎 8F 大会議室
  • 主催
    秋田県経営品質賞委員会・秋田県経営品質協議会
  • 参加費
    無料(秋田県経営品質協議会会員・非会員にかかわらず)
  • 内容
    • 第1部
      表彰式(15:00~15:50)
      受賞組織の発表と表彰、受賞組織代表スピーチなど
    • 第2部
      記念講演会(16:00~17:30)
      • テーマ:「組織が劇的に変わるためには」(仮)
        講師 日本経営品質賞 制度検討委員会委員長 岡本正耿 氏
      • テーマ:「大学の経営革新と社会貢献」(仮)
        講師 秋田大学 学長 吉村昇 氏

開催案内及び申込書はこちら

産学官連携関連情報 〈研究開発内容や特許・技術シーズに関するデータ・情報〉

産業経済労働部の平成20年度業務体制

  産業経済労働部では、「秋田の強み」を活かした産業の創出・育成や貿易・観光の振興及び総合的な雇用労働環境施策の展開を図るため、平成20年度は主に次のような業務体制の見直しを行いました。

商業・貿易機能の強化

本県の特徴である、「北東アジアへのゲートウェイ」たる秋田港を、貿易の促進を通じて一層活性化することにより、県経済の発展を目指すとともに、食品を中心とした県産品の販路拡大等について一層積極的に取り組むため、これまで「商工業振興課」の課内室だった「商業貿易室」を課に格上げし、「流通貿易課」とすることにより、体制の強化を図りました。

食品製造業支援機能の強化

 県内食品産業の活性化を目的として平成19年度に設置された「食彩あきた推進チーム」では、これまでの1班体制から「食と農連携班」及び「食と水産・畜産連携班」の2班体制としました。

その他

 「商工業振興課」を「地域産業課」と名称変更し、これまで「産業経済政策課」が所掌していた商工団体の育成業務を移管することにより、(財)あきた企業活性化センターを含めて商工団体業務を一体化し、地域経済活性化策を強力に推進するための体制を整備しました。
 また、平成20年2月18日には、秋田・ソウル国際定期便を維持するために、利用促進を緊急かつ強力に進めていくことを目的として、建設交通政策課の所掌していた国際航空路線の業務を観光課に一元化、観光課内に「韓国交流推進監」を新たに配置しています。
 これら部内の組織改正により、「6課2室1チーム」から「7課1室1チーム」体制となりました。

詳しくはこちら

振興局からのお知らせ

県北地域大物産展!~北秋田・鹿角・山本 各地域振興局~

 県北地域の物産を一堂に集めた「県北地域大物産展」が4月9日から13日まで、秋田市にあるイトーヨーカドー秋田店1階催事場で開催されました。
 特産品の販路拡大を目指す北秋田、鹿角、山本の各地域振興局と同店がタイアップして開催したものです。各振興局管内8市町村から27業者が出店して、日頃各地域で好評を集めている地域の特産を活用した人気商品を積極的に売り込みました。訪れた買い物客からは、日頃目にする機会がそれほど多くない県北地域の商品をじっくり品定めをしつつ買い求めていました。

写真:県北地域大物産展
県北地域の特産品を目当てに、多くのお客さんが詰めかけました
写真:県北地域大物産展 お弁当やお菓子
おいしそうなお弁当やお菓子。新登場の商品もあります。
写真:県北地域大物産展 森っち応援
第59回 全国植樹祭キャラクター「森っち」も応援にやってきました

バナー:あきたファンドッとコム

バナー:男鹿水族館GAO

バナー:あきた企業活性化センター

写真:企業立地ガイドあきた

バナー:かだろakita