子どもと働きざかり世代の食習慣状況調査を実施しました

2018年01月21日 | コンテンツ番号 31158

県民の健康づくりと生活習慣病予防を推進するため、県の将来を担う子どもと、その保護者である働きざかり世代の食習慣と意識を調査しました。

調査時期
:平成28年8月25日から同年9月10日まで
調査実施数
:子ども 3,150人(小学校第2学年に在籍する児童)
:保護者 5,701人(男性保護者2,633人、女性保護者3,068人)

 

ダウンロードはこちらから
 ↓↓↓
・子どもと働きざかり世代の食習慣状況調査報告書 [54KB]
・子どもと働きざかり世代の食習慣状況調査報告書概要版 [414KB]
・子どもと働きざかり世代の食習慣状況調査結果普及用リーフレット [540KB]