「第3回はたはた寿司グランプリ」で第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会をPR!

2018年01月09日 | コンテンツ番号 30868

 平成30年1月8日(月)、男鹿市の市民文化会館で開催された「第3回はたはた寿司グランプリ」で、平成31年度に開催する「第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会」をPRしました。
 このイベントは、県の魚であるハタハタを使った伝統食である「ハタハタ寿司」の試食とコンテストを通じて、地域の豊かな食文化を伝承するために開催しているそうです。
 この日は、16名の手づくり寿司が出そろい、約60名の方が試食会と評価を行いました。秋田のソウルフードだけあって、下処理のし方や具材のいろどり、重石でのかけ方など、出品者の方それぞれ様々な工夫をしていました。
 会場の一部をお借りして、海づくり大会のノボリを掲出したほか、秋田の地魚パンフやハタハタのレシピ集を配布しました。

 詳細については、以下のダウンロードファイルをご覧下さい。

〇 ハタハタ寿司グランプリで全国豊かな海づくり大会・あきた大会をPR [245KB]