新しい外国人技能実習がスタートしました

2017年11月01日 | コンテンツ番号 29990

 技能実習制度とは、開発途上国の経済発展を担う「人づくり」を通して、国際貢献・国際協力の推進を目的とし、外国人が出入国管理及び難民認定法別表第1の2の表の「技能実習」の在留資格をもって日本に在留しながら技能等を修得する制度で、平成5年に創設されました。

 平成28年11月28日、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)が公布され、平成29年11月1日から施行されましたのでお知らせします。

 詳細は下記リンク先を御覧ください。

リンク