「森林・林業分野におけるドローンの活用研修会」を開催しました

2017年11月14日 | コンテンツ番号 29969

 近年、豪雨災害調査など、山地でも無人航空機(ドローン)を活用した調査方法が注目を集めています。
 横手市でも、森林所有者等により構成される林業研究グループ「平鹿地区林業後継者協議会」が、ドローンによる調査の特性や最新の研究例等を学び、今後の森林管理や林業経営等に活用するための研修会を開催しました。

 [157KB]

日時

平成29年11月9日(木) 13:00~16:00

場所

現地研修:横手市睦成字城付地内(横手市スキー場)

屋内研修:横手セントラルホテル

参加

60名

内容

現地研修:ドローン操作の説明・実演
     講師 一般社団法人 秋田県林業コンサルタント
        技 師 伊藤 匠汰 氏
        専門員 藤嶋 重則 氏
屋内研修:講演会 演題「森林・林業分野におけるドローン活用」
     講師 国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所東北支所
        地域資源利用チーム長 小谷英司 氏

研修の様子は、以下をダウンロードしてください。

ダウンロード