「サポート部会」に関するQ&A

2017年10月20日 | コンテンツ番号 29516

 秋田県建設産業担い手確保育成センターでは、担い手の確保・育成に取り組んでいる企業・団体で構成する「サポート部会」を設置していますが、先日、建設産業団体を通じて部会員の募集を開始しました。
 既に数多くのお問い合わせを受けており、このたび、「サポート部会」に関するQ&Aを作成しましたので、参考としてください。
 サポート部会の概要や登録申請方法については、こちらをご覧ください。
 皆様の登録をお待ちしております。

【質問1】
 団体として登録を希望しているが、どちらの申請書を用いるのか?
【回答1】
 「個別申請用」の登録申請書をご利用ください。
 なお、登録を希望する「会員企業」について一括申請したい場合は、「団体一括申請用」の登録申請書をご利用ください。

【質問2】
 企業として登録を考えているが、登録された場合、センターの事業に必ず協力しなければならないのか?
【回答2】
 そういうことは全くございません。会費等も一切発生しませんので、ご安心ください。
 サポート部会は、センターの事業にご協力いただける方々に限って登録させていただくという趣旨ではなく、担い手確保・育成に積極的に取り組んでいる方々を登録させていただくことで、官民が総力を挙げて担い手確保・育成に取り組んでいることを幅広く県民にPRする趣旨で設置しているものです。
 もちろん、センターの事業にご協力をいただけることは大変嬉しく思いますので、よろしくお願いします。
 なお、登録され部会員となった場合は、センターから各種イベント・会議のご案内や調査への協力依頼が届くことがあると思いますが、いずれも各企業・団体の業務の妨げになるようなことを強制したり、出席や回答を義務付けるようなことはありませんので、ご安心ください。

【質問3】
 県からサポート部会の登録に関する依頼文書が届いた。登録申請期限が記載されていなかったが、いつまでに登録申請を行えばよいか?
【回答3】
 各団体においては、会員企業に個別に説明しながら登録希望者を募ることになると思います。
 かなり時間を要すると思いますので、各団体の実情に応じて、準備が整い次第、登録申請をしてください。
 例えば、次のスケジュールで準備を進めている団体様がいらっしゃいますので、ご紹介いたします。
<お電話での問い合わせ事例>
A協会:
 もともと11月上旬に役員会を開催する予定だったので、そこで役員に説明してから会員企業に文書で周知する。
 会員企業から回答が集まるまで約1月はかかると思うので、県への一括申請は12月になる予定である。それでもよいか。
センター:
 センターとしては、そのスケジュールで進めていただいて全く問題ありません。数多くの会員企業の皆様の登録をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。