2級建築施工管理技士学科試験対策講座(県南会場)が開講しました

2017年10月03日 | コンテンツ番号 29081

 センターでは、県内建設企業等への就職を希望している高校生等を対象とする「2級建築施工管理技士学科試験対策講座」を実施していますが、既に開講している「県北会場」と「中央会場」に続き、10月1日(日)には「県南会場」でも講座がスタートしました。
 会場となった横手清陵学院高校には、県南部の高校生24名が集まり、学科試験合格に向けて勉強を開始しましたが、受講生の中には「よこて建設女子会」に参加した女子生徒もいて、建設業の道を進もうとする女子生徒が着実に増えていることが改めて実感できました。
 3会場合わせて47名の受講生は今後、4日間にわたる集中講義と直前模擬試験を経て、11月12日(日)の試験に臨むこととなります。

【県南会場の様子】
 県南会場[96KB]

 講座の詳細や、今月中旬から募集予定となっている「2級土木施工管理技士学科試験対策講座」については、こちらのページを御覧ください。 


【2級施工管理技士の概要】
 工事現場の主任技術者になるための国家資格であり、「2級土木」であれば土木工事、「2級建築」であれば建築工事の主任技術者になることができます。
 いずれも「学科試験」と「実地試験」があり、資格を取得するためには両方の試験に合格する必要があります。
 「学科試験」は17歳以上であれば誰でも受験できますが、「実地試験」は「学科試験」合格者のうち数年間の実務経験を有する者が受験できます。