地域医療介護総合確保法に基づく財政支援制度(基金)を活用した平成30年度県計画の事業提案(医療分)を募集しております

2017年09月27日 | コンテンツ番号 28836

i 県では、地域の実情に応じた、効率的で質の高い医療提供体制と地域包括ケアシステムの構築を目指し、医療及び介護の総合的な確保に向け、地域医療介護総合確保法に基づく財政支援制度により基金を設置し、毎年度県計画を策定し、各種事業を実施していくこととしております。 

 つきましては、平成30年度の計画策定とするため、幅広い地域の関係者の方々から本制度の主旨に則した事業提案やご意見を募ります。

 また、提案する事業や今回の募集について、ご不明な点がありましたら、電話等でご相談願います。

 なお、提案をいただいた事業については、国、関係団体等と調整を行い精査していくため、ご提案いただいた内容が採択されない場合もありますので、予めご了承願います。

1 対象事業

  (1) 地域医療介護総合確保(医療分)の標準事業例(別紙1)にある事業

  (2) 事業量見込個票(医療分)記載要領に記載している「事業区分」に則した内容を盛り込んだ事業

2 対象経費等

  (1) 地域医療介護総合確保基金(医療分)の標準単価(別紙2)のとおり

  (2) 標準事業例によらない事業にあっては、国との協議により設定することとなります。

  (3) 補助率は類似の事業に係る補助金交付要綱を参考に適切に設定することとなります。

  (4) 診療報酬や他の補助金等で措置される事業は対象となりません。

3 募集期間

  平成29年10月31日(火)まで

4 提出方法

下記よりダウンロードできる事業量見込個票(医療分)【様式】に記入のうえ、郵便、ファックス、メール等により提出してくださるようお願いいたします。

・郵送先 〒010-8570 秋田市山王四丁目1番1号 健康福祉部医務薬事課 看護・地域医療班 あて

・FAX 018-860-3883

・メールアドレス imuyakujika@pref.akita.lg.jp

記載要領(医療分)

事業量見込個票(医療分【様式】)

標準事業例【別紙1】 標準単価(医療分)【別紙2】