平成29年第2回定例会 9月議会(追加提案) 知事説明要旨(平成29年9月22日)

2017年09月22日 | コンテンツ番号 28783

 追加提案いたしました議案の説明に先立ち、台風18号による被害状況等について申し上げます。
 先日、列島各地を襲った大型の台風18号により、本県においても大雨や強風による被害の発生が懸念されたことから、県では、台風の接近に備え、17日に災害対策本部を設置し、気象情報を共有するとともに、速やかな情報収集と被害への迅速な対応等について、徹底を図ったところであります。
 被害の状況としては、住宅の屋根や外壁が剥がれるなどの建物被害や、倒木による道路の通行止め、停電等が生じたほか、農作物については、収穫前のなしやりんごが落果するなどの被害が発生しております。
 道路の通行止めや停電については既に解消されておりますが、農作物については今後の生育状況を注視しながら、適切な栽培管理指導に努めてまいります。
 次に、追加提案いたしました補正予算案及びその他の議案について説明申し上げます。
 このたびの補正予算案は、7月、8月の大雨による被害対策として、被災した道路や河川等の公共土木施設等に係る復旧対策費及び農地・農業用施設の災害復旧に対する助成枠を増額するものであります。
 一般会計補正額は、28億3,209万円であり、補正後の総額は、6,105億5,325万円となります。
 次に、単行議案について申し上げます。
 「平成29年度急傾斜地崩壊対策事業に要する経費の一部負担の変更について」は、関係市町村の負担額の変更を行おうとするものであります。
 以上、提出議案の概要について申し上げました。よろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。