除雪用スノーポール(竹)の随意契約に係る公表について(見積書の提出)

2017年09月15日 | コンテンツ番号 28599

除雪用スノーポール(竹)の随意契約に係る公表について(見積書の提出)

 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号に基づき随意契約する物件については、秋田県財務規則第171条の2第1項第2号により、次のとおり公表する。

1 購入物品の仕様その他の明細
  物  品 除雪用スノーポール(竹)
  規  格 L=3.5m(別添仕様書による)  
  数  量 2,000本
  納入期限 平成29年10月19日(木)

2 契約に関する事務を担当する地方公所の名称及び所在地
  秋田県由利地域振興局総務企画部
  秋田県由利本荘市水林366

3 契約の相手方に必要な資格
  障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成十七年法律第百二十三号)第五条第十一項に規定する障害者支援施設(以下この号において「障害者支援施設」という。)、同条第二十五項に規定する地域活動支援センター(以下この号において「地域活動支援センター」という。)、同条第一項に規定する障害福祉サービス事業(同条第七項に規定する生活介護、同条第十三項に規定する就労移行支援又は同条第十四項に規定する就労継続支援を行う事業に限る。以下この号において「障害福祉サービス事業」という。)を行う施設若しくは小規模作業所(障害者基本法 (昭和四十五年法律第八十四号)第二条第一号に規定する障害者の地域社会における作業活動の場として同法第十八条第三項の規定により必要な費用の助成を受けている施設をいう。以下この号において同じ。)であり、由利地域振興局管内に事業者の本拠が所在すること

4 契約の相手方の決定方法
  見積価格が予定価格の範囲内で最低価格のもの

5 見積書の提出方法
  平成29年9月25日(月)までに、秋田県由利地域振興局総務企画部総務経理課へ持参、または郵送

6 契約担当者が必要と認める事項
 (次の書類について、見積書提出と同時に秋田県由利地域振興局総務企画部総務経理班へ提出すること)
  障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成十七年法律第百二十三号)第五条第十一項に規定する障害者支援施設(以下この号において「障害者支援施設」という。)、同条第二十五項に規定する地域活動支援センター(以下この号において「地域活動支援センター」という。)、同条第一項に規定する障害福祉サービス事業(同条第七項に規定する生活介護、同条第十三項に規定する就労移行支援又は同条第十四項に規定する就労継続支援を行う事業に限る。以下この号において「障害福祉サービス事業」という。)を行う施設若しくは小規模作業所(障害者基本法(昭和四十五年法律第八十四号)第二条第一号に規定する障害者の地域社会における作業活動の場として同法第十八条第三項の規定により必要な費用の助成を受けている施設をいう。以下この号において同じ。)である旨を証する書類

  スノーポール仕様書[51KB]