秋田県庁産業経済労働部だより(第2号)

2005年01月31日 | コンテンツ番号 285

発行:H17.1.17

秋田県にゆかりの皆様へ

目次

秋田から 季節のごあいさつ

 あけましておめでとうございます。本年も秋田県産経部だよりをよろしくお願いいたします。さて、「美の国秋田」の旬の情報として、今回は皆様に秋田の冬の風物詩をいくつかご紹介します。

なまはげ

「ウォ~、泣ぐ子はいねがぁ~、悪ぃ子はいねがぁ~」
 男鹿半島に伝わる奇習「なまはげ」は、大晦日の夜に恐ろしい形相の鬼に扮した若者たちが各家々を回り、子供や初嫁を戒め、災いを祓い、新年の幸福を祈る伝統行事です。

 「なまはげ」の語源は「ナモミハギ」だそうです。長く囲炉裏の火にあたっている怠け者の足のすねには火形(ナモミ)がつくため、これを剥ぎ取るぞと戒める行為を「ナモミハギ」と言うらしく、そこから現在の「なまはげ」になったそうです。
 「なまはげ」の由来には諸説ありますが、一説によれば、年に一度現れる鬼に食物や酒を振るまう替わりに、子供や初嫁を戒めてもらっているということだそうです。

 今回は、男鹿半島にお住まいでない方にも「なまはげ」をご紹介することにより、「なまはげ」で是非皆様の厄を祓っていただき、そして、皆様にとって今年が良い年になりますようにとお祈りする次第です。

 なお、2月11日から13日まで行われる「なまはげ柴灯(せど)まつり」では、この民俗行事「なまはげ」を体感できます。
http://www.akitafan.com/event/user/show_detail.php?serial_no=4797

男鹿市観光協会

男鹿市役所

きりたんぽ鍋

 冬といえば鍋、秋田の鍋といえば、「きりたんぽ鍋」とハタハタの入った「しょっつる鍋」が有名です。中でも、知名度・人気とも代表的なのは「きりたんぽ鍋」。県北部が発祥地と言われていますが、今では県内全域どこでも食べることができます。
 新米をはじめ旬の食材が揃う秋・冬のこの時期が、「きりたんぽ鍋」の最もおいしい時期です。おいしいお米で作ったきりたんぽと、今や全国的に有名となった比内地鶏は欠かすことができませんが、他の具材は地域や店、各家庭により様々です。その店・家庭ならではの味を楽しむことができるのも、楽しみの一つかもしれません。

きりたんぽ鍋について

秋田の物産はこちらでお買い求めいただけます。

秋田県物産振興会

秋田のお酒

 祭りや鍋に欠かせないのが「お酒」。「米どころ」秋田は、「酒どころ」、そして「美酒王国」です。おいしいお米とおいしい水から造られる秋田のお酒は、米から生み出される自然で上品な甘さが特長と言われています。
 寒い冬のひとときを、体の芯から温まる秋田のお酒を味わいながら過ごしてみてはいかがでしょうか?
 東京では、「秋田県の観光と物産展」(イベント情報コーナーに掲載)が開催され、お酒の試飲・即売もございます。首都圏にお住まいの皆様、ぜひ一度足をお運びください。

秋田のお酒について詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

秋田県酒造協同組合

秋田のお酒はインターネット上でもお買い求めいただけます。

秋田の銘酒データベース

また、秋田県酒造協同組合では、「酒蔵開放キャンペーン」を開催しており、秋田の酒蔵が見学できます。

酒蔵開放キャンペーン

関連リンク

秋田の旬の観光情報「あきたファン.ドッとコム」
バナー:あきたファン.ドッとコム

最近の産業経済労働政策

 4月より、県の企業・産業支援体制が大きく変わります。県としては、企業の皆様が活き活きと活動できるよう一層の支援を行っていきたいと考えておりますので、どうぞ県の各種メニューを積極的にご活用下さい。

財団法人あきた産業振興機構の組織改編について

 平成17年4月1日から、財団法人あきた産業振興機構が、県内企業の支援を大幅に強化すべく、生まれ変わります。
 これまでの、企業の皆様へのワンストップサービス及び一貫支援体制機能を整備するため、産業経済政策課マーケティング室、商工業振興課技術移転促進チーム及び秋田県企業支援センターの機能を、(財)あきた産業振興機構に移管統合します。
 また、スタッフが県内企業の皆様に対して、創業段階から経営革新まで、密接かつ細やかなフォローをいたします。

詳細はこちら
(財)あきた産業振興機構が生まれ変わります (PDF形式 197KB)
(※ 右クリックで一旦保存してからご覧下さい)

誘致企業室の設置について

 平成17年4月1日から産業経済労働部内に商工業振興課誘致企業室を設置し、新たに秋田に関心を有していただける県外企業、既に県内で活躍されている誘致企業の皆様と密着なネットワークを構築します。
 県内経済の活性化と雇用機会の拡大を目指し、誘致済み企業に対するバックアップを強化するとともに、企業誘致に当たり秋田の「強み」をより積極的に売り込んでいきたいと考えています。どうぞ、誘致企業室をご活用下さい。

新行財政改革推進プログラム(案)(PDF形式 2.38MB)
(※ 関連部分41~42ページ。右クリックで一旦保存してからご覧下さい)

活き活き物産応援チームの設置について

 本県には、日本酒や稲庭うどん、きりたんぽ、比内地鶏など、全国的な特産品が沢山あります。これらの優れた品質の商品について、今後より一層市場を拡大させ、販売の増加に結びつけるとともに、新たな秋田物産の開発・開拓を行っていきたいと考えています。
 このため、「売れる特産品の開発」と「優れた特産品の全国・海外展開」を、業界や企業の皆様と一体となりながら進めていく、「活き活き物産応援チーム」を平成17年度に設置することにいたしました。企業の皆様の意欲的なご活用・ご協力をお待ちしております。

新行財政改革推進プログラム(案)(PDF形式 2.38MB)
(※ 関連部分42~43ページ。右クリックで一旦保存してからご覧下さい)

競争的研究開発資金の獲得状況

応募事業:(独)科学技術振興機構
平成16年度社会技術システム・公募型プログラム領域
「社会システム/社会技術論」

採択テーマ:「環境創造型農業を実現する社会システムの研究開発」
研究代表者:秋田県立大学 生物資源科学部 助教授 谷口 吉光  

詳細はこちら
http://www.jst.go.jp/pr/info/info126/index.html

関連リンク

(財)あきた産業振興機構

秋田県イベント情報

 秋田県では、皆様への具体的な情報発信と新たな人的ネットワークづくりを目指して、各種セミナーなどを開催しています。

秋田にぎわい座 冬の陣 in 首都圏

 秋田県の物産展や食のフェアなどのイベントが、首都圏の各所で開催されます。

秋田県の観光と物産展

秋田県フェア 食のフェア  平成17年1月8日(土)~31日(月)

  • 高輪プリンスホテル「さくらタワー」(東京都港区) 3階「七軒茶屋」
  • 高輪プリンスホテル(東京都港区) 1階「若竹」「松風」/B1「まりん亭」和風別館4階/5階「和風別館」
  • 新高輪プリンスホテル(東京都港区) 「清水」

その他詳細はこちら
http://www.akitafan.com/topics_sys/user/show_topics.php?serial_no=945&layout=2

第3回あきた目利き倶楽部 参加企業募集中

あきた目利き倶楽部とは

 県内企業が持っている独自の製品・技術等(以下「製品等」)について、首都圏の企業者等で構成される倶楽部アドバイザーが、市場側からの観点で評価を加え、今後の市場展開、製品等の改良や商品化に向けた取り組みに生かすものです。年間を通じて随時開催し、売れる商品づくりを支援します。

あきた目利き倶楽部
開催日 平成17年2月15日(火)
場所 秋田県庁第二庁舎3F「デザインサポート室」
申込締切 平成17年1月21日(金)
お問い合わせ先 秋田県産業経済労働部 産業経済政策課マーケティング室
〒010-8570 秋田市山王4丁目1-1
TEL 018-860-2292 FAX 018-860-2294

詳細はこちら
あきた目利き倶楽部への参加企業募集のお知らせ (PDF形式 28KB)

あきた目利き倶楽部参加申込書
PDF
MS-WORD
一太郎

県内スキー場情報

 1月中旬の時点で、県内のほとんどのスキー場で滑走可能となっておりますが、状況が変化している場合もありますので、直接スキー場にお問い合わせのうえ、お出かけ下さい。

主なスキー場の状況(1月中旬時点

 その他、県内のスキー場の状況については、秋田魁新報社のホームページの「スキー場だより」のコーナー(HP左側のメニューの中ほど)に一覧があり便利です

秋田魁新報社

県内のお祭り情報

その他イベント情報はこちらから検索できます。
http://www.akitafan.com/event/user/index.htm

関連情報のご案内

(財)あきた産業振興機構補助事業を活用し開発した調理用薪ストーブ(縄文炎)

詳細はこちら
http://www.bic-akita.or.jp/magazine/vol.265/business.html

「あきたリッチプラン」 について

 企業立地を検討されている経営者の皆様に、本県における企業立地へのサポートをさらに強化した「あきたリッチプラン」をご提案いたします。
 このプランは、設備投資補助、情報通信関連企業補助、融資制度、団地分譲制度からなり、本県で工場等を新設・増設する際の初期投資の大幅な低減を行い、企業を支援するものです。

詳細はこちら
http://www.pref.akita.jp/industry-location/pre/pre7.html

秋田県への企業立地に関する総合情報サイト「企業立地ガイドあきた」はこちら

http://www.pref.akita.jp/industry-location/

「創業支援室」の入居者募集について

 企業支援センターでは、新規創業者等の支援施設として設置している「創業支援室」の入居者を募集しています。

(1)所在地:秋田市山王3-1-1(秋田県第二庁舎) 

産業振興プラザ3階

(2)室数・面積・使用料及び募集室数

室名 面積 月額使用料 今回の募集室数
室数・面積・使用料及び募集室数
創業支援室A 17~22平方メートル 21,000円 1室
創業支援室B 48~50平方メートル 50,000円 2室

使用料の他に電気料等を負担して頂きます。また、電話は自己設置です。

(3)申込受付期間 平成17年1月14日(金)~2月14日(月)(必着)

その他詳細はこちらをご覧ください
http://www.bic-akita.or.jp/plaza/

関連リンク

 その他の観光情報や「花まるっニュース」などは、こちらのサイトでもご覧になれます。
秋田県東京事務所のページ

連絡先

編集・発行  秋田県産業経済労働部
産経部だより編集グループ

発行責任者  佐藤文一/菅原雅則

連絡先  sangyo@mail2.pref.akita.jp
(本メールについての、ご意見、ご感想等ありましたら、どうぞ遠慮なく、返信をお願い致します)

注意事項

リンク