八森漁場 水産環境整備事業の紹介

2017年09月07日 | コンテンツ番号 28341

 当課では平成26年度より、水産環境整備事業にて、アワビ・イワガキの増殖場造成を行っています。

 本海域は、海底が砂地であることやアワビ等の餌料となる海藻の不足、外敵に食べられてしまう等の理由により十分な漁獲を確保できない状況でした。

 この問題を解決するため、平成26年からアワビ・イワガキの住処となる定着基質ブロックを設置し、アワビ・イワガキが大きく育つことのできる環境整備を進めています。

工事の進捗は順調に推移しており、今年度で約2.0haの漁場が完成する予定です。

ブロックの外観
ブロックの外観
ブロックの沈設状況
ブロックの沈設状況