大雨被害に便乗した「不審電話」にご注意ください!

2017年08月10日 | コンテンツ番号 27722

 7月22日からの大雨被害に便乗し、消防署職員等を名乗り「一人暮らしの人に防災器具を配達したい」「パンフレットを送る」等と言って、住所や家族構成等を聞き出そうとする不審電話が発生しています。

  今後、被害に便乗して、公的機関を名乗り個人情報を聞き出したり、頼んでもいない商品が勝手に送られてきて、代金の支払いを求められる等の、特殊詐欺や悪質商法に巻き込まれる可能性がありますので、注意をしてください。

 このような不審な電話等があった場合には、決して個人情報を教えたり、一人で判断せず、まずは県生活センター(018-835-0999)や各市町村の相談窓口、または最寄りの警察署までご相談ください。