特別展「妖怪博覧会」を開催します。

2017年07月12日 | コンテンツ番号 26834

妖怪と聞いて、思い浮かべる姿はどんなものでしょうか? ゲゲゲの鬼太郎? 妖怪ウオッチ?

 昔から人々は、見えない世界を恐れてきました。未知なるものへの恐れを克服していこうと、見えない世界の住人たちを想像してきました。そうして生まれたものが神様と呼ばれたり、妖怪と呼ばれたりしました。

 妖怪、と一言で言っても、怖いものだったり、ちょっと憎めないものだったりさまざまです。全国的に有名な妖怪もいれば、ご当地限定の妖怪もいます。妖怪は時代や地域によって伝承や姿が変化していき、現在でも新たな妖怪の姿が生まれています。

 展示では、全国各地に伝わる妖怪の図絵やモノなどを紹介します。秋田だけの妖怪もいますので、どんな姿をしているのか、ぜひ観にいらしてください。

期  間:平成29年7月15日(土) ~ 8月27日(日)
場  所:秋田県立博物館 企画展示室
開館時間:午前9時30分 ~ 午後4時30分
休館日 :毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は次の平日)
     8月14日(月)は臨時開館 
観覧料 :大人500円 高校生・大学生300円 小学生・中学生100円


関連イベント

・盆踊りとバリ舞踊と怪談と妖怪展 

日程:7月15日(土) 
会場:博物館 企画展示室・人文展示室 ※事前申込不要

特別展の開催を記念して、オープニングイベントを実施します。

日本三大盆踊りの一つである西馬音内盆踊りや、インドネシアのバリ島で儀式や冠婚葬祭の際に演じられるバリ舞踊、秋田に語り継がれる民話や怪談、特別展のギャラリートークを行います。

タイムスケジュール

午後4時30分 ~ 5時50分 呈茶会
午後5時10分 ~ 5時50分 特別展ギャラリートーク※観覧料必要
午後6時00分 ~ 6時30分 バリ舞踊(人文展示室)
午後6時40分 ~ 7時10分 怪談・民話(人文展示室)
午後7時20分 ~ 8時00分 西馬音内盆踊り(人文展示室)


・講演会

演題:「異界への想像力~妖怪や幽霊となった人・もの・動物~(仮題)」
日程:8月5日(土)
時間:午後2時~3時30分
講師:山田慎也氏(国立歴史民俗博物館民俗研究系准教授)
会場:博物館講堂 定員:120名※要事前申込


演題:「妖怪と風聞」
日程: 8月27日(日)
時間:午後2時~3時30分
講師:常光徹氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)
会場:博物館講堂 定員:120名 ※要事前申込


・バスツアー「男鹿半島 オニと伝説をめぐるツアー」

日程:8月19日(土)
時間:午前9時30分~午後4時
案内:天野荘平氏(男鹿市菅江真澄研究会会長)
募集人数:30名  参加費:4000円
※バスツアーの詳細は後日公開いたします。


・ナイトミュージアム「懐中電灯で妖怪展を見よう!」

日程:7月29日(土) 8月5日(土) 8月19日(土)
時間:午後6時30分~(1時間程度)
会場:博物館 企画展示室(観覧料必要)
定員:15名程度 ※要事前申込・懐中電灯をご持参ください

  
・展示解説

日程:毎週日曜日 (7月16日(日)、8月27日(日)を除く)
時間:午後2時~(50分程度)
会場:博物館企画展示室(観覧料必要) ※事前申込不要 

 



※事前申し込みが必要なイベントは、電話・FAX・メール・はがきでお申し込みください。
※お申し込みの際は、参加者氏名・住所・電話番号をおしらせください。
※博物館の受付で直接お申し込みいただくことも可能です。

秋田県立博物館公式ホームページ