じゅんさいの摘み採りと料理体験が行われています。

2017年07月05日 | コンテンツ番号 26636

 平成29年度にふるさと秋田応援事業(中山間地域等の農地等の保全・活用を図るとともに、地域住民と地域を応援する支援者との交流の活発化等を通して地域の活性化を図ることを目的とした事業)を活用している、田舎ぐらし大学みたねが現在じゅんさいの摘み採りと料理体験のプログラムを実施中です。7月2日、7月16日、7月23日(いずれも日曜日)開催のうち、今回は7月2日の様子をご紹介します。

 最初に小舟への乗り降りの仕方、じゅんさいの摘み採り方をレクチャーしてもらえるので、はじめての人でも安心です。慣れるまで小舟を思った方向にすすめるのが難しいですが、1時間もすると自由に動き回れるまでになります。

じゅんさい摘み採り  じゅんさい摘み採り

 大人もこどもも夢中でじゅんさいを摘み取っていました。

じゅんさい沼  じゅんさい鍋

 自然豊かな環境でたくさんじゅんさいを摘み取ったあとは、じゅんさい鍋を囲みました。鶏ガラ、ゴボウ、しいたけ、ミズ、じゅんさいの入った醤油ベースの鍋で採れたてのじゅんさいの食感を楽しみながらおいしくいただきました。

 7月16日と7月23日も開催が予定されておりますので、気になった方は田舎ぐらし大学みたねへ問い合わせをしてみてください。

パンフレット

 パンフレット パンフレット