「第6回『水土里のみちウォーキング』in抱返り渓谷」が行われました

2017年06月22日 | コンテンツ番号 26200

 平成29年6月18日(日)、仙北市田沢湖の南に位置する抱返り渓谷で、「第6回『水土里のみちウォーキング』in抱返り渓谷」が開催されました。

 

 このイベントは、農業にとって非常に大切な「農業水利施設」を見学することで関心を持っていただくこと、また健康増進に努めようと※水土里ネット大曲仙北職員会が主催したものです。

※(水土里(みどり)ネットは、農業水利施設を管理する土地改良区の愛称です。)

 

 今年度で6回目の開催となりますが、例年参加されている方も多く、活気のあるイベントになっています。迫力ある農業水利施設の見学や、きれいな田園風景が人気となっています。さらに、今年度は水力発電所である「神代発電所」を見学することができました。コースは、昨年度に引き続き約6.8kmのAコース、約9.4kmのBコースの2つに分かれて行いました。前日の悪天候が心配でしたが、当日は天候に恵まれて気持ちよく汗を流すことができました。

 

 このウォーキングを通して、仙北地域の農業水利施設の歴史、役割、重要さを感じることができたのではないでしょうか。

 

 [246KB]

開会に先立って、大曲仙北職員会の代表よりあいさつがありました。

 

 [245KB]

出発前にラジオ体操でしっかりと身体をほぐします。

 さて、いよいよ出発です。はじめに巨大な水力発電施設である「神代発電所」へ向かいます。ここでは、巨大な発電装置を見学することができました。写真を撮影することはできませんでしたが、普段は見ることの出来ない貴重な見学をさせていただきました。

 

 [287KB]

ウォーキングがスタートしました。最初の目的地は「玉川頭首工」です。

 

 [192KB]

迫力のある「玉川頭首工」に到着しました。

普段は入ることの出来ない管理用通路を渡ります。

 

 [221KB]

「玉川頭首工」についての詳しい説明がありました。

 

 [268KB]

緑豊かな道を通って「山伏岩(やまぶしいし)」を目指します。

 

 [240KB]

「山伏岩」に関わる伝説などのお話がありました。

 

 [277KB] [208KB]

ウォーキングも中盤です。「若松堰頭首工」を見学しながら説明を聞きました。

 

 [250KB]

道中では瑠璃色の「玉川」を見ることができます。とてもきれいです。

つい見とれながら次に目指すのは「抱返頭首工」です。

 

 [259KB] [157KB]

「抱返頭首工」に到着しました。ここも普段は入ることは出来ません。

貴重な体験をさせていただきました。

 

 [199KB]

暗く涼しい洞窟を抜けたらいよいよ、今日一番の絶景ポイントである「回顧の滝」です。

 

 [323KB]

「回顧の滝」に到着しました。迫力のある大きな滝です。

 

 [245KB]

ウォーキングはもう中盤です。「神の岩橋」を渡ればもうすぐゴールです。

 

 [174KB]

続々とゴールへ到着していきました。お疲れさまでした。

楽しいウォーキングとなりました。来年も是非ご参加ください。