稲作情報

2017年11月07日 | コンテンツ番号 26187

稲作情報No1健苗育成で好スタート 適正な温度管理と水管理

稲作情報No2適期田植で、初期生育の確保を!

・稲作情報No3茎数少なく、生育はやや遅れ気味 適切な除草による、カメムシ対策を!

・稲作情報No4草丈短く、茎数少ない 目標茎数の確保と適切な中干しを!

・稲作情報No5草丈短く、茎数少なく、生育やや遅い 適切な病害虫防除と栄養診断の実施

・稲作情報No6生育は回復傾向(ほ場間差に注意) 生育・栄養診断で追肥を判断

・稲作情報No7出穂期は平年並の見込み カメムシ対策といもち病防除

・稲作情報号外冠水・浸水後は適切な管理で被害を最少限に

 ・稲作情報No8出穂は平年より3日遅い 全籾数やや少なく、ほ場間差大きい

  ・稲作情報号外刈り分けで品質低下を最少限に

 ・稲作情報No9登熟の状況を見極め、適期刈り取りを 丁寧な乾燥・調製で、高品質米生産

 ・稲作情報No10異常気象を克服し、平年並みの作柄 一等米比率は90%を維持