6月30日は「犯罪被害を考える日」です

2018年06月14日 | コンテンツ番号 25941

  秋田県では、平成25年4月に施行された「秋田県犯罪被害者等支援条例」において、6月30日を「犯罪被害を考える日」と定めています。
 「犯罪被害を考える日」の周知と犯罪被害者に対する理解を深めるため、警察本部及び(公社)秋田被害者支援センターと協働で、県内3カ所において街頭キャンペーンを実施します。

「犯罪被害を考える日」街頭キャンペーン

県北地区

  • 日時 
    平成30年6月15日(金) 10:30~12:30
  • 会場
    いとく鹿角ショッピングセンター (鹿角市)
  • 内容
    犯罪被害者等支援啓発用品の配布及び犯罪被害者いのちのパネル展

県南地区

  • 日時
    平成30年6月22日(金) 10:30~12:30
  • 会場
    道の駅おがち「小町の郷」 (湯沢市)
  • 内容 
    犯罪被害者等支援啓発用品の配布、生命のメッセージ展及び犯罪被害者いのちのパネル展

中央地区

  • 日時
    平成30年6月29日(金) 7:00~10:00
  • 会場
    秋田駅東西連絡自由通路「ぽぽろーど」
  • 内容
    犯罪被害者等支援啓発用品の配布、生命のメッセージ展及び犯罪被害者いのちのパネル展