建設機械運転科

2016年08月03日 | コンテンツ番号 258

訓練内容  

 建設機械による機械化施工の概要及び一般土木の基本的施工概要を理解し、機械の安全な取扱い及び運転のできる技能者を養成します。さらに、クレーン等の運転・玉掛け作業・荷役運搬機械等の運転及び溶接作業等の技能を習得することにより、物流業・製造業にも対応した人材の育成を目指します。


写真:クレーン車写真:工事車両

  時間 主な教科
訓練内容と主な教科
学科 207 建設機械、構造、施工、安全衛生、点検及び整備法
実技 503 運転及び施工基本作業、工作基本作業、実技教習
点検及び整備作業、移動式クレーン

取得資格

訓練定員

 20名

訓練期間 

 前期(平成28年 4月7日~平成28年 9月27日)

 後期(平成28年10月4日~平成29年 3月17日) 

 ※訓練時間は午前8時30分~午後3時50分まで

経費

 授業料・入学金は無料

 ただし、教科書、作業服等(35,000円程度)
 及び資格取得に関する受験料は自己負担となります。

対象者  

 新たに技能を身につけ、再就職を希望する満18歳以上の方で、次の1または2の方が対象となります。

  1. 雇用保険受給者
  2. 雇用保険の受給資格のない離職者で、ハローワークの受講推薦を受けようとする方
    または支援支持を受けようとする方

募集期間 

 別途

お申込先

 お近くのハローワークにご相談下さい。