平成29年度 地域環境保全功労者等の表彰について

2017年06月15日 | コンテンツ番号 25652


 地域環境保全及び地域環境美化に関し、特に顕著な功績があった方(個人又は団体)の功績をたたえるため、毎年度、環境大臣による表彰が行われています。
 本年度は、本県から地域環境保全功労者として1名と1団体、地域環境美化功績者として1名と1団体が表彰されました。


秋田県の受賞者
(1)地域環境保全功労者表彰

おとも自然(しぜん)(かい)(能代市、寺内(てらうち)征夫(ゆきお) 会長)
《功績内容》
 多年にわたり、ガンカモ類の重要な渡りの中継地である小友沼(能代市)への渡来数調査や、渡り鳥の観察会等を実施し、野生鳥類の保全に貢献している。

桃崎(ももさき) 富雄(とみお)(秋田市、秋田市環境活動推進協議会会長、自然観察指導員)
《功績内容》
 多年にわたり、環境保全活動の担い手となる環境団体の育成に携わり各種環境団体の代表等を歴任したほか、海外でも指導を行うなど、自然保護や環境保全の普及啓発及び実践活動の促進に大きく貢献した。


(2)地域環境美化功績者表彰

秋田( あきた)県立(けんりつ)ゆり支援(しえん)学校(がっこう)(由利本荘市、新目基(あらためもとい) 校長)
《功績内容》
 地域の国道や河川公園への植栽、近隣海水浴場のクリーンアップを毎年実施しているほか、生徒が育てた花苗を河川緑化推進団体へ寄贈するなど、地域の環境美化に貢献している。

近江(おうみ) ()(せい)(横手市、横手市横手地域環境美化推進員連絡協議会会長)
《功績内容》
 多年にわたり、複数の環境団体の代表として、公園のクリーンアップ、環境月間に合わせた市民総参加による一斉清掃等を推進し、地域の環境美化に貢献している。

 

 

環境省ウェブサイトへのリンク 

 
  テキスト ボックス: 多年にわたり、ガンカモ類の重要な渡りの中継地である小友沼(能代市)への渡来数調査や、渡り鳥の観察会等を実施し、野生鳥類の保全に貢献している。